2月や3月から宅建の勉強初めてに間に合うんですか?

宅建の勉強は条件次第ですね。
間に合うこともあれば、もう間に合わない場合もあります
とは、どういうことを言っているのかと言うと、たとえば、3月4月5月6月7月で10月の中旬で宅建試験。
という流れですけども、一般的な宅建通信講座とか。そういったところで標準の学習期間を6ヶ月と設定している場合が多いですね。
6か月ですと、だいたい4月の中旬とか後半。この辺から合格できるようっていうことを言っています。

これも条件次第ということになります。今までの知識なしで最短で4ヶ月、法律の勉強もしたことが無い方が勉強始めて4ヶ月で合格しています。
最短で4ヶ月ということは、6月の中旬から始めても間に合うと言えるのですけれども、これでは、厳しい条件がつけられます。そればどうゆうことかと言いますと、ちゃんと効率的に勉強を開始した時からできていないと、なかなか難しいね。
これは、どういうことかというと、高速でどんどんどんどん理解学を進めていくということです。

調べる時間は、ほぼないと考えてください。もちろん少し調べる程度でいいんですけども、一問当たり20分程度使っていたら、物理的にも難しくなってきます。
どんどん理解していかないと理解をしていかないといけないって言うことになります。
それをちゃんとできれば、4か月でも合格できますよということです。
それには、ちゃんとした教材と個別指導をしてもらう。そうじゃないと、なかなか難しいわけです。
ただ、独学であったとしても、ここまでの期間の間で高速で理解する学習の仕方っていうものを習得していれば大丈夫ですよ。

それができていなかったら、なかなか難しいことになります。もう、来年目指しましょうということです。
来年目指すにしても、基本学習というものは必須になってきます。

来年に向けて出来る手が早い段階で理解学習というものを自分で習得してするって言うことを目的としてやっていかないといけないですね。

今の段階で、この期間であるのならば自分でも理解学習っていうものを習得する事を一つの目標にして、学習を進めていくのがすごくいいと思います。
これまでの勉強の自分の勉強振り返ってみて、やろうと思ってできていないっていう方は、なかなか正直難しいかもしれないです。

習慣を変えるためには、自己管理が必要ですね。モチベーション管理とか、精神的なものだとか自分でコントロールできていかないとなかなか難しいですよね。やる気がない時であったとしても、ちゃんと勉強する。時間を作れるようにコントロールしていく。
自己管理して、これまでできていないのであれば、おそらくこれからなかなか難しいですね。

相当、気持ちを切り替えていかないとなかなか難しいですね。習慣を変えるというのは、それぐらい難しいことなんですね。

私も、勉強は早い段階でついたんですけど、勉強の仕方についてはなかなかうまいことできていなかったです。私は、勉強を始めたのは、12月の終り頃からめたんですけれども、それから7月ぐらいまでずっと、過去問丸暗記、テキスト丸暗記でした。

もちろん、過去問の解説読んで分からないところは、丸暗記してるので、その問題は解けるわけですよね。しかし、実際見たことない問題は、全く解けなくて、過去問でも解いたことのない過去問といたら18
点くらいでした。
この勉強の仕方をやっていたら、点数は上がるのかと考えたんですね。
伸びないなって、私は感じたんですよね。なんだって言ったら理解してないんですから。
普通に考えたとしても同じような問題でないですよ。

相当角度を変えてきたり引っ掛けたりしてくるので、「なかなか無理だ」ということでけじめつけちゃったんですよね。
そこから勉強の仕方をガラリと変えました。ここからは、高速理解とは行かないけど、理解学習をずっとやり続けました。

一日で勉強ができても、2問とか3問とかそんなレベルでノロノロとやりました。
それが良かったです。そこで、ちゃんと理解学習をしていた結果、
それにどんどん慣れてきて調べ方も身についてきて、そこからどんどん早くなってきました。
やっと実は、8月くらいから実力が上がりだして合格はしたいんですけども、ここがやっぱりできてこないとちゃんと理解学習というものができてこないとなかなか欲しいと思います。
多くのもう落ちている方っていうのは、勉強はしているけども理解していないんですよ。
それは、勉強していないということです。

宅建などの資格の試験があるんですけども、丸暗記したら合格してしまうものもあります。宅建は
とそうじゃないので、丸暗記したところであまり勉強にはならないですね。
それで、本当に何回も何回も落ちる方がいるんですよね。
話では十数落ちているひとの話も聞きました。十何回も落ちても受験するって、凄いなぁって思ったんですけどね。結局は、理解していないゆえに実力が上がらないんですよね。私が知っている限りでは、7回8回が最長だったんですが、ちゃんと理解さえすれば一回でサラッと合格していきます。

本当にやった勉強時間って言っても、そんなに差がつかないんですよ。
1日に2時間やっていても勉強の質というものは大きく変わってくるんですよ。ですから、勉強の質に焦点を当てて学習を進めていった方が今後のことを考えるといいわけです。
理解学習に必要なのは自己管理をしていく。時間管理、自分の課題管理はそのひとによって違うんですけども、例えば、勉強時間が作れないんだというのであれば、ちやんと時間を確保しておく。これをコントロールしていかなければいけません。

対応策を考えて実践していく。そして、課題が解決したら次の課題を解決していく。というサイクルというものをうまく回していく。課題管理そしてモチベーション管理、やる気がなくなったとしても、勉強で続けなきゃ意味がない。

やる気なくなったとしても、勉強できるようにするためには、どんな気持ちにならなきゃいけないか。
どういう気持ちにしなきゃいけないのか。
「自分は合格したい」それをモチベーションにしてやる気がなくなっても、もし、これで勉強やらなかったら合格しないよ。自分に活を入れて頑張っていました。

ということで、4月あたりから理解学習ができてこないと難しくなってきますから、早めに理解学習の習得をしてください。より早い段階から学習した人の方がどう見ても合格率がいいんですよ。
今年こそは頑張って、宅建に合格しましょう。