宅建試験に速読解答は有効?

宅建の学習進んでいますか?
あなたには速読を練習していただきたいのです。
速読なんてあなたは不思議に思いませんが?

実は、国家試験受験には速読は欠かせないものになっています。
初めて宅建試験を受験された方の多くの方が「時間が足りなくてできなかった」というような意見をお聞きします。

1問を2分程度で解答を出していかないと120分ではたりなくなってしまいますよね。初めての人は1問3分程度かかるのが平均的です。そうすると単純に150分かかりますから当然時間が足りなくなります。

ではためしにこの問題を時間を計って読んでみてください。

【問34】 次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。
1 宅地建物取引業者が建物の貸借の媒介を行う場合、借賃以外に金銭の授受があるときは、その額及び授受の目的について、法第35条に 規定する重要事項を記載した書面に記載しているのであれば、法第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に記載す る必要はない。

2 宅地建物取引業者が区分所有建物の貸借の媒介を行う場合、損害賠償の予定又は違約金に関する特約の内容について、37条書面に記載する必要はないが、売買の媒介を行う場合は、当該内容について37条書面に記載する必要がある。

3 土地付建物の売買契約において、買主が金融機関から住宅ローンの承認を得られなかったときは契約を無条件で解除できるという取り決 めがある場合、当該売買の媒介を行う宅地建物取引業者は、自ら住宅ローンのあっせんをする予定がなくても、37条書面にその取り決めの内容を記載する必要 がある。

4 宅地建物取引業者Aが、宅地建物取引業者でないBから建物の売却の依頼を受け、AとBとの間で専属専任媒介契約を締結した場合、Aが探索した相手方以外の者とBとの間で売買契約締結したときの措置について、AとBとの間で取り決めがなければ、Aは法第34条の2第1項の規定に基づき交付すべき書面に記載する必要はない。

1分以内で読めましたか?
1分で解答出せましたか?
宅建試験はこれを50問120分以内で解答しなければなりません。当然ご記入等の見直しもこの時間内にしなければなりません。

迷っているとどんどん時間がなくなっていきますよ。
これを速読を使うと数秒で読み取ることができますし早ければ1分程度で解答できることもできます。

え~うそ~  なんて思ったりすると思いますが。はじめての人でもある程度練習すれば1分以内で見ることができます??
速読は一字一句読み取るのではなく、見るという感覚なのです。
では、速読は、どうすればできるようになるのか?

私の経験から申し上げましょう。速読の本を購入して練習したとしますと、100のうち5くらいの割合の習得しかできません。なぜか?
速読とは、そもそも単純な方法で練習するものですから練習用教材がないとあまり意味がないのです。

右脳がなんだ?左脳がなんだ?そんなことはどうでもいいのです。ひたすら単純に訓練することがたいせつなのです。購読本は理屈ばかりで結局速読とはなんだ?

という意味はよくわかりますがその先がないのです。
速読の練習は、同じ記号や、数字を何百ペーシも見る。目の運動練習。記憶力の練習を何時間もする。

いろいろなパーツに分かれていてこれらの総合的なものの集まりが速読という動作になってくるのです。
速読は、一字一句読んで記憶するのではありません。カメラのレンズがあなたの目で、脳が記憶媒体。

文字を写真をとるようにパッパッとみて脳に焼き付ける・・
あなたは目をつむってお友達の姿を思い出してください、とくに顔なんかは鮮明に頭の中で思いうかべる事が出来ますよね。速読はこんな感じで頭の中に焼き付けられたテキストがそのまんま浮かび上がってくるのです。
ここまで行くにはかなりの練習が必要ですが。宅建試験問題を2分以内に解答できればいいのですから。この水準になったら学習を始めていいと思います。

あなたが、速読を3カ月習得したとします。
どんなことができるでしょう。本なんかは数分で1冊読み切ってしまいます。

頭の中はどんな感じかと申しますと。人によっては個人差がありますからその人に聞いてみなければわかりません。私の場合は頭の中に宅建のテキストがまるまる入っている感じで、宅建の問題の問いに対するペーシが浮かび上がってくる感じでした。

あなたもこんな感じになるかもしれません。あなたも、宅建の問題を見たときに一瞬に頭の中でその箇所が現れることでしょう。一字一句読むような遅くはありません。
カメラのシャッターを切る感じです。

私の記憶方法は、カメラの重ね撮り見たいな感じです。一度記憶したところは、人はから必ずしも全部正確に覚えきれません。ですから何回も同じところを重ねて記憶することにより記憶度がアップするといあう方法です。

このような方法を使用すれば宅建試験以外にも後半に活用できますからマスターすべきだと私は思います。

宅建士 ・宅建勉強法宅建試験宅建勉強講座