誰でもできる宅建勉強法が知りたいです

みなさんは、宅建の勉強方法はほぼ分かっいてると思いますけども、なかなかできないというのが現状です。
まず、なんでも実行に移していただければと思います。

宅建の勉強することを目標にする方は一般的ですよね。
宅建の勉強することを目標とする多くの方が何時間勉強したっていうので、達成感を満足してしまうという方が非常に多いです。
重要なのは、勉強した時間ではなくて、何を理解したのか、何を覚えたのかが重要です。
勉強した時間が問題じゃなくて、理解したことや覚えたことのほうが重要です。
なにを覚えたのか一日の反省として、頭の中で思い返してください。
振り返ると、そんなにたくさん覚えていないことがわかります。

次に、過去問題をすれば合格ができる。という考えの方がいます。
でも、使い方がちょっとまずいのではないかと思います。
過去問は、実際難しい問題が多いですよね。しかし、過去問は事例が実際に乗っているわけですね。過去問題をやるときの注意点ですが、まず言葉をしっかり理解することです。
「差押」って何なのか?「債務者」というのはどんな意味なのか?{
「時効消滅」はどういう意味なのか。これを言葉で覚えるのも重要ですけども、具体的なイメージとか、具体例で覚えていくと記憶しやすいです。つまり、頭に残りやすいということです。
ということで、過去問は、言葉をイメージしてキッチリ覚える、わからない言葉を覚える。もう一つは、ルールを覚える。つまり、体系が解説にのっている内容で覚えることが過去問題の友好的な使い方です。

次に、参考書の使い方ですが、あまり参考書を読むということにし融着する必要はありません。
逆に執着しないほうがいいです。
どちらかといえば、過去問題をやっていく中で、なかなか理解ができないことがあります。
そういう時に参考書を使っていくわけです。過去問題は、一点のじょうほうですが、参考書はそれに付随するためのいろんな情報が載っているわけです。
過去問に出てきた内容を参考書で調べることによって、周辺の背景や全体像を一緒に理解することです。これが参考書の使い方になります。
参考書でいきなり全体を覚えようとすると、ぼやけたものになり、結局なにも覚えられないということになってしまいます。だから、逆算するわけですよね。過去問題をやって参考書で全体像を一緒に理解することのほうが効率的な勉強方法です。

次に、計画を立てて評価することです。
計画は立てないと、いつまで何をやらなければいけないのか明確になりませんよね。
明確にならないままずっと日が過ぎて、3か月前、2ヶ月、前になって結局、金利関係しか行っていませんでした。なんてことになります。じゃあ残りの3か月前、2ヶ月にのこりを全部やろうというのはほとんど厳しいです。

それで、計画はある程度を建てるのですが、具体的のほうがいいです。
4ヶ月で合格しようと考えたとします。ここまでに権利関係を終わらせて、2か月前までにまでに宅建行法を終わらせるとか、計画を立てます。権利関係を1か月で仕上げるのには一週間でどれだけするのか。ということを逆算で考えます。たとえば、問題が100問あったとします。とすれば、25問づつやればいいとか、というイメージです。こういった具体的な内容を落とし込むことです。
ここで勉強時間は1時間なんてやってしまうと、どんどん遅れてしまいます。何をやるべきかに焦点を合わせて計画を立てることです。

次に、計画に対しての評価をすることです。
これは、自分がやったことについてきっちり覚えられているのかを確認することです。
たとえば、一週間勉強してきたことがキッチリ覚えられているのか。確認するわけです。
いままで、やっていなかった問題などがあったら解いてみる。ほんとうに覚えられているのかキッチリ確認しなければいけません。
確認しないまま、一か月前に模擬試験をやったら20点だったとか、という結果になったりします。
結局覚えられていないということになります。
ですから、定期的に一週間に1回は評価をする時間を作ることです。

意外と簡単ですけども、分かってもできないのが人間なんですよね。なんでもいいですから
できそうなものからやってみてください。
勉強する時間を、2時間を目標にしていた。じゃあ、今日からは、やる内容、過去問の何ページから何ページまでは一週間でやろう。そのために、今日はここまでやろうとか。今まで過去問題の内容を、曖昧にしか理解していない。じゃあこれからは具体的にイメージで覚えていこう。
こんなふうに、まずは一つだけやってみてください。

宅建士 ・宅建勉強法宅建試験宅建勉強講座