宅建と行政書士や税理士の資格はどちらが難しいですか?

宅建と行政書士を比較しましょう
行政書士に合格するには、およそ1年間みっちり勉強する必要があります。以前は、
10月に宅建の試験があって、11月に行政書士試験があるのですから、両方とも同じ年に受けることができました。しかし、行政書士も宅建試験もどんどん難しくなり両方受験することが大変難しくなってきました。

今は、残念ながら、よほど法律の知識のある人。例えば大学なんかで法律の勉強をした方以外は順番にとることをお勧めします。
宅建試験と行政士試験、どちらから先にとるかは決まってない場合には、私がお勧めは、本来は宅建を正直な話しおすすめしたいんですが「行政から取って下さい」と言います。
それを正直に話します。なぜかと言うと、資格試験というのはやはり難しいほうから先に取った方がいいですね。
そうすると、次は優しくなりますから体力的にも楽になります。
ということで、難しい行政書士をとって次に宅建を取るという流れをお勧めします。

よくあるご質問ですけども、宅建士と税理士資格ということで
税理士合格までの道のりは、平均3~4年です。
皆さんご存知かもしれませんが、税理士試験は一気に合格することができますけど、
働きながらですと一科目づつ準を追って取得する。科目合格を経てやっと税理士という風になる言うことですから、どちらが難しいかといいますと、圧倒的に3~4年かかる税理士の上位資格の難しい資格を取ってから、その後宅建に移りましょう。
もし皆さんが税理士を目指しているのであれば、まずは目指してる税理士を取ってください。