宅建試験 合格者 の体験記

宅建士試験合格、おめでとうございます。
宅建士試験に合格された方々の合格体験談です。
見事合格された受験者の方の勉強法や、合格のコツを紹介していきます。テキストの活用法も参考になります。

 

宅建を独学で勉強するとき宅建予想問題は必要でしょうか?

とうとう宅建の試験の月となりました。 3週今ごろは、試験会場に向け、家を出発していることでしょう。 つまり、あと残るところ憂鬱時間。 私は今までにもたくさんの資格を受けてきましたが これほど落ち着かないのも珍しい。

そうそう、宅建試験は1年に1回だよね。だから、落ちると・・気持も沈み また憂鬱なひびをおくるのかと、勝手に想像してしまうのです。今までの試験は何点取ればはい、合格というものでしたから。宅建試験は聞くところによると 何点取れば合格というもではないらしい。

だから、また不安が襲ってくるのです・・そなんことより、宅建を独学で勉強するとき、勉強!勉強!「予想問題集」って必要なのでしょうか?と思っていませんか?実際は結論から言うと「いりません!」が正解です。本屋さんや予備校では「予想問題集」というものが販売されていますが、過去問をより多く演習することで合格ラインに近づけようとするものです。

しかし、宅建を独学で勉強するとき、ここには落とし穴があります、つまり、出題範囲を超越した問題ばかりなので、問題を解く方にすれば、「ええっこんな知識知らないよ・・・」 「うわっ、こんなところやってない・・」と焦ってしまうことも多いようです。そこで・・・「ここもでるかもしれない」「あそこもでるかもしれない」と出題範囲を広げて学習をしてしまうことです。

予想問題を作成する側としては、予想が的中したら知名度があがりますし、信頼も得られます。もちろん予想問題は過去問の分析に基づいて作成しますから、多少は役に立つかもしれませんが、私は過去問以外は一切やりませんでした。

なぜいらないのかというと、過去問で十分だからです。その代わり、過去問はかなりの数をやる必要があると思います。市販の過去問集は、重要問題を集約しているようなものですから、できれば、過去10年分くらいは解答するようにするといいでしょう。

 

宅建試験の初受験の方の勉強方法を聞きました

 

宅建を独学で勉強する方法に関してですが、毎年、初受験の方が勉強の方法をここで聞くと、 過去問だけやるようにして予想問題など余計な問題はやるなと回答される方が結構いますが、試験後には過去問だけでは対応できなかった。はじめて見る問題ばかりだったという感想も多いです。そのやりとりをここ数年毎年繰り返しているように思うんですがどう思いますか?

試験終了直後には「傾向が変わっていて力が出せず、自己採点したがダメだった・・・」などと書き込みもありますが、傾向のポイントは何十年も変わっていません。ですから過去問を完璧に理解していれば合格ができるはずです。

極端な話、宅建を独学で勉強するとき、私の場合過去問だけ3000問こなしましたね。
これだけでテキストの何十冊分に値しますからね。
ほとんどテキストなんか使用していませんね、いや使用する余裕がなくなってしまいます。単純にこのペーシに書いてある程度に確認するくらいです。

宅建を独学で勉強するときは、単純に問題の答えを出すための過去問学習ではなく、なぜその問いが正解か、その他の問いが不正解かであれば、正解になるにはどこをどう訂正するのかを理解すれば、おのずと初見の問題でもあわてずに取り組めます。

つまり、基本は複合問題がどう理解できるかです。一昔は単純な問題だけでよかったのですが、複合問題が解けないと合格には程遠くなります。
過去問題をしっかりやることで試験の傾向にが身につき、テキストでの補強で、理解した上での高得点になると思います。
誰が何点取ろうが上位得点者から15~17%できられてしまいます。
あなたはこの枠へすべりこむにはどうしたらいいのかだけ考えればいいのです。
ただ、宅 建 直前には初見の問題でもあわてないように、セミナーの模擬試験を2回受験しました。
各地で毎年いろいろやってますから調べてみてください。私自身も、過去問を嫌になるほどやった事で受かったと思います。

宅建を独学で勉強するときは、重要な箇所は過去に出尽くしています。はじめて見る問題ばかりなのは当然です。
ただ単純に答えだけ暗記する過去問学習しかしなかった人があわてただけです。今までの問題と選択肢がその重要箇所です。
でも、宅建学習法は過去問題が中心です。

 

宅建合格者の方に宅建合格方法をアドバイスいただければ幸いです

 

宅建合格者に質問いたします。2回落ちてしまいました。

宅建を独学で勉強する方法について、アドバイスいただければ幸いです。専門校は考えていません。試験当日1問目から始めました。今年は問題また返るかと考えています。メルマガの幸せに宅建どうですか、宅建業法は10回繰り返し、民法は5回位、税法その他は2回位でした。

何やってんだといわれてもしかたありません。なんと15問目あたりから入るのが試験のテクニックとは知りませんでした。2問不足でした。ちゃんと基礎ができていればどこから始めたってかかる時間は変わりません。

宅建を独学で勉強するときは、過去問や予想問題に取組む時は、本試験の2時間を充分に意識し、どこから始めようときっちり見直しまでできるようにして下さい。それと、誰に教えてもらったにしても受験するのは自分自身ですから、受かりたいなら教えて頂くこと+αを自分で工夫しなければダメだと思います。

また、15問目から入るのがテクニックといいますが、それをしなかった事が不合格につながるような重大なものではありません。書店で見てご本人が見やすい・使いやすいとお感じになったものを選べば良いと思います。

宅建を独学で勉強するときは、内容はどれも大差なく、どれを使ったから合格できないと言う事はありません。あまり問題集を変える事はおすすめできませんが、合わないものを継続してもそれもダメです。また、15問目から入るのがテクニックといいますが、それをしなかった事が不合格につながるような重大なものではありません。

過去問や予想問題に取組む時は、本試験の2時間を充分に意識し、どこから始めようときっちり見直しまでできるようにして下さい。ちゃんと基礎ができていればどこから始めたってかかる時間は変わりません。

問題集をある程度の回数こなしているようですが、その問題集の「正答の番号」だけを記憶しちゃっているんじゃないでしょうか?毎回問題の意味をじっくり理解するように読んで、選択肢もなぜそれなのか、それ以外はなぜ間違いなのかをちゃんとよんでいないと回数をどれだけやっても無意味です。

宅建を独学で勉強するときは、決まった時間内に回答して、マーク、見直しまでするわけですから、どこから手をつけたって全部やりきらないとダメなんですから。それと、誰に教えてもらったにしても受験するのは自分自身ですから、受かりたいなら教えて頂くこと+αを自分で工夫しなければダメだと思います。

ボーダーライン前後の1点にはものすごい人数がひしめいていますから、椅子取りゲームのような宅建の試験で言えば惜しいとは言えません。モチベーションを維持したまま、最短でお望みの資格試験に合格できる勉強法がここにあります。

宅建独学合格めざして、宅建試験 合格者からのアドバイス

 

宅建独学合格めざして余裕をもって宅建試験勉強を進めている人は、宅建資格を取るための目標をもっている人です。

宅建を独学で勉強するときは、宅建試験の目標がないと、ただ闇雲に歩きまわり、体力を消耗して疲れきってしまいます。宅建試験では「ただ丸暗記した」という曖昧な知識は役に立ちません。

宅建 合格者の 体験記などを参考にしますと、ムダのない効率的な宅建勉強をするには、まずサラッと全体を見通し、どこが大切かを読みとって宅建勉強の作戦計画をたてます、それに従い今度はポイントのみを丁寧にマスターしていけばいいわけです。

宅建を独学で勉強するときは、もし間違った方向に行きかけていても、直ちに修正することができます。過去問の非常に細かく具体的な所に目を配って、要点を正確に理解し記憶していく時間もとります。

このバランスのとれない人は、完全に要点がずれて混乱してしまうのです。いま自分がどこを学習しているのか、これからどの方向に行けば合格できるのか、さっぱり見当がつかなくなってしまいます。

近年のように、これまで以上に正確さが要求されるようになると、宅建を独学で勉強するときは、一項目ごと細かく注意を払って、条文まで正確に脳に刻みつけていくような丁寧さが大切です。
さて実際に宅建 勉強を開始するぞ。やるぞ!

と意欲いっぱい、がむしゃらに宅建 勉強するのは結構ですが、宅建 学習範囲が広いだけに、宅建 試験問題集などは最初はどこを重点に宅建 の勉強していいかわかりません。目標達成度チェック表などを作ると有効です。

平穏無事で、何の緊張感もない学習は、モチベーションを奪ってしまいます。
さして重要でない箇所にエネルギーを浪費しては、いくら宅建 勉強してもカラ回りになります。宅建 通信 講座 など比較などをして自分にマッチしたものを探すのも近道ですね。

宅建を独学で勉強するときは、集中学習というのは、確実に一項目ごと記憶していくことです。その結果、無用な不安や焦りにとらわれることがなく、余裕をもって宅建 勉強を進めていくことができるのです。
多少の困難を自分に課し、それを乗り越えたとき、あなたの能力はダンと伸び、また大きく自信もついていくのです。

また、途中で自分の達成度を確かめながらやらないと、やはりムダにエネルギーを消耗するだけでなく、不安もきざして意欲に差し支えてきます。
その際の心強い同行者になるのが、この勉強のチェックリストなのです。

そのためには、宅建を独学で勉強するときは、キチンと学習計画表をつくり、それに従って毎日着実に進めていくことがいちばん合格が近くなります。
勉強を効率的に進めていくためには、「過去問」と「テキスト」の2つの併用が大いに役立ちます。

そこで、過去問でわからないところを、テキストでカバーする方法で学習すればたちどころに自分の現在位置がわかり、これからどの方向に行けばいいのか一目でわかります。
そのとき、だれの手も借りずに、自分ひとりで絶対やりとげるのだ、という強い意志が宅建学習法では偉大な力になります。

この視点に立つと宅建を独学で勉強するときは、第一に、いま自分がしている宅建勉強方法が正しいという自信がもてます。
自分でつくった計画を、今日は忙しかった、今日は疲れた、今日は気が進まない……と、いろんな理由をつけてキャンセルしてしまう人がよくありますが、こんな人の結果をみていると、やはり泣きをみる確率が高いのです。

脱出口まで意外と達くないことも読みとれます。今年から宅建試験を目指そうとしている方に少しでもお役に立てればと思います。

はじめて宅建を独学で勉強し挑戦された方はどんな試験であったかはすでにおわかりかと思います。おしくも不合格となった方は再度挑戦しょうと真剣に考えられているのではないでしょうか。

 

宅建試験のポイントがつかめなくて悩んでいます。

 

 宅建を独学で勉強するときの勉強法についてなんですが

宅建を独学で勉強していると、試験までポイントがつかめなくてどうして良いのか分からなかったのですが基本書を一通り読む、過去問を完璧に理解する、予想問題をほぼ完璧に理解する模試を受けてみる、宅建勉強法でなんとか合格できました。ユーチューブ講座を見る宅建勉強法でかなり役に立ちました。

宅建を独学で勉強する方法は参考書を読む、問題を解く、解答の解説を理解するっていう流れでは耳を使わないので耳を使う作業は新鮮で苦痛が少なく、受け入れやすかったのかなと思います。ユーチューブ宅建勉強法講座の内容が全く分からない場合は、何回も受講したらいいかと思います。

今になって思えば、宅建を独学で勉強するときは、ユーチューブ講座のっていうのは記憶にあまり残らなかったと思います。
宅建勉強されるとのこと、1発で合格できるよう頑張ってください。

私は、出題数が少ない分野は勉強時間が足りなかったので最初から勉強しませんでした。
参考書の中から一番分かりやすい簡単な言葉で書かれている参考書を選び(挫折しないため)ました。

わからないことはネットで宅建合格のための解説を載せてくれているページを参考にさせてもらったり、細切れの勉強時間しかとれないときはそれらのHPの一問一答をやりました。

私はだいぶ後半になってから気付きました。ネットで探すと結構モチベーションを上げてくれるHPあることが。

勉強を1年間モチベーションを保つのはなかなか…。

私は取る気満々で宅建を独学で宅建試験に落ちました・・・取りたいけど、もう1年がんばれるかわからず、再チャレは迷っています。

私も宅建を必要とする仕事に就くことはないと思ってまったく興味がなかったのですが、
宅建を取るなら、目標に向けて勉強されるのがいいと思います。明確な目的がないのなら、就職する前に取らなければ意味がありません。

資格があることで、不動産会社や金融機関にはかなり面接で有利になります。これをあなたの目標にすればいいのです。

FPはサービス業などの営業には有利ですよね。また、生活していく上での知恵に近いので勉強しておいて損はないと思います。しかも年3回試験があるので、受けやすいですよ。

3級ぐらいだと、年配の方も多かったです。しかし、企業は1級があたりまえですから2~3級ではなんの意味もありませんから。