宅建試験はこれで合格!! 頑張って勉強しましょう。

宅建試験攻略法 これで宅建試験に合格しましよう!!

宅建 勉強法 は、今後の学習方法と、試験問題解答に役立ちます。

宅建 勉強法 です、これだけ押さえましょう!!

従来の宅建試験の合格率は15%。
宅建試験の受験者数は、20万人前後あります。
例えば、受験者数20万人であれば、3万人の合格者になります。という難関資格になっています。
従来の宅建試験は合格する試験でした。
「宅建試験なんて独学で簡単に受かる試験なんですね。」
そのように見られていました。
今の形式は難しいです。

年々書店で売っているテキストや問題集は、クオリティや質が上がりました。
また、大手スクールや通信教材などのクオリティも上がってきました。
今の宅建試験は、それなりに高得点を取って行かなければ合格点に届かない。
そういう資格試験になっています。
ある程度、一生懸命勉強しても、あと1、2点、3点足りずになかなか合格できないという方も多い試験です。
そこで、宅建試験はまず難しい試験だと言うということを知っておきましょう。
皆さんが、宅建試験の勉強をするのに目的がありますか?
趣味で始めたのか。
あるいは、国家資格を取るために勉強を始めたのか。
どちらかというのが大事になってきます。当然趣味ではなく国家資格を取るために学んでいるのではないでしょうか。

勉強を始めるにあたり、ほとんどの宅建受験生は、テキストや問題集を1ページ目から順々に開いて行って読んで行きます。
順番にやらなきゃ気が済まないということです。書籍というものは、どうしても順番通りに書かなくてはいけないという制約があったりします。
「1ページ目から読むことで本当に合格するんですか ?」
宅建試験で合格点を取るための宅建試験攻略法とは?

宅建試験

・試験でよく出るところ。
・試験で得点を取りやすい。
そういうテーマから学んで行けばいいはずです。
このところをしっかり意識して学習を進めましょう。

皆さんの学習は、合格のための学習でなくてはなりません。では、合格のための学習を進めるためには、どのようなところに気をつけて行けば、良いでしょうか。
宅建試験の問題は、
権利関係、法令上の制限、税、宅建業法、統計などの5問。
一定の報酬をしたものには免除される、5問免除というテーマがあります。
このテーマの中から宅建試験の問題が出題されます。
合格するために必ず学んで行かなければならないテーマ。
合格のためには、後回しにしてもいい。
場合によっては、「本試験までに間に合わなかったら勉強できなくてもしょうがない。」というテーマが存在します。