宅建 勉強法

まずはじめに、宅建試験は国家試験の中で人気資格NO1となっています。
試験に20万人も参加する国家資格は宅建士試験しかありません。
人気の理由は
・だれでも参加できること。
・試験の形式が優しい。
・不動産取引にはなくてはならない資格である。
・会社・企業が取得を推奨している。
・就職に有利などなどいろいろあります。
従来の試験は誰でも合格できる試験でした。
普通の宅建の勉強方法で受かる試験だったんですが、近年ますます難関資格になってきました。
簡単な代物ではないということです。テキストや問題集、大手スクールや通信教材のクオリティももかなり高くなりました。
宅建試験が難関というのは理由があります。宅建試験の合格率は15%。
例えば、10人試験を受ければ3人しか受かりません。あと7人は切り捨てられます。
何点、取ったら合格という代物ではないのです。そこで問題になってくるのが、宅建勉強法によって合否の分かれ道になるわけです。
これは、非常に簡単な問題なんです。ズバリ言いますと、「試験は出るところだけ学習すればいい」わけです。
余分なところには手を付けないということです。
例えば、100項目内40項目出るとすれば、その40項目を学習すればいいわけです。
しかし、始めて宅建の勉強をする人は100項目全部、一生懸命勉強する理由です。
これでは時間の余裕もなく効率が上がりませんよね。
合格できるのはズバリこの方法で学習したかたですよね。
私が合格したいのであればある項目を一生懸命やると思います。実際、私はこの宅建勉強法で合格できました。これは、わたしの宅建試験の体験ですが、本試験では33問くらいは軽く正解できましたが、あと1問、2問足りなくて泣きました。
「こんなに勉強したのになぜ?」
これで私は2年間棒に振ってしまいました。
そこで、はじめて大手スクールの模擬試験を受けましたが、28問しが正解できませんでした。
講師の方が一言「これは、私が作った問題ですが、この内容ですと本試験では40点は得点できるでしょう」
かなりレベルの高い問題でした。実際本試験では内容が易しく感じました。試験に出るポイントを、大手スクールでは教えてくれますが、独学の人には分かりません。しかし、宅建スクールによって難易度は格段と違っています。
大手スクールに通うには、かなりの費用がかかります。それでわたくしは、模擬試験だけいろいろな宅建スクールで挑戦しました。
こんなにお金をかけなくても、宅建勉強法を変えれば独学で合格できると思います。
自分に合った宅建の勉強方法を見つけて勉強することが大切だと思います。宅建試験難関です。本気でやれば必ず合格できる試験です。
宅建勉強法を申し上げます。
試験でよく出るところ、試験で得点を取りやすいところ。そういう項目から学んでいけば、いいと思います。
まず、ここを自分で意識をして学習を進めましょう。
皆さんは、合格するための学習をしなければなりません。では一体どのようにしたら良いのでしょうか。宅建試験の問題は、権利関係、法令上の制限、税金、宅建業法、統計です。一定の講習をしたものには、免除される5問免除という項目もあります。
この中から宅建の試験が出題されるわけです。
宅建試験が近づくにつれて、なかなか理解ができなくて不安になってしまいますよね。そこで、宅建勉強法は、学習項目に応じて分けたらいいと思います。これは、宅建スクールのカリウムと同じ方法で進めたら良いかと思います。
・合格のために必ず学んでいかなければならない項目。
・合格のためには、後回しにしていい項目。
・本試験までに間に合わなかったら切り捨てる項目が存在します。
ここで重要なポイントを申し上げます。宅建勉強法で大切なことは丸暗記をしないということです。これが悲惨な結果を招くことになります。あえて丸暗記をしない代わりにちゃんと理解することです。たくさんの情報をあれもこれ記憶するのではなく、一つの項目を確実に理解して応用トレーニングすることです。問題は、一回読んで解き終わったら次の問題へ進むのではなく、もう1回、同じ問題でトレーニングすることが大事です。
問題を解く、テキストを見て理解する。この繰り返し作業が重要になってきます。

おすすめの勉強方法があります。それは・・・