宅建士の仕事内容 ・・・・不動産の売買・賃貸の仲介が行われ契約の時に「重要事項の説明」を行います。宅建士の説

明で購入者が合意すると、契約書に署名と捺印をします。

これができるのは、宅建士しかできません。例えば、宅建士の資格をもっていない会社の社長が印鑑を押しても契約は成立しないのです。

つまり、宅建士のいない会社等は宅地建物の取引ができません。当然会社は商売ができなくなってしまいます。会社の運営を左右するくらい重要な仕事をしていることがわかりましたか?
—————————————————————————————————————————
宅建士 仕事内容


(1) 不動産の情報が記された重要事項説明書面への記名と押印

(2)、宅建業者は取引の相手方等に対して重要事項説明書面の内容の宅建士説明をしなければならない。

(3)契約書面について、宅地建物取引業法(以下、「宅建業法」といいます。)37条に記されていることから、業界では37条書面と呼びますが、この37条書面にも、重要事項説明書面と同様に、宅建士の記名と押印が必要となっています。

—————————————————————————————————————————

  • 宅建士になるにはどうすれば?

まず、年1回実地されている宅地建物取引士の国家試験に合格することです。

これだけでは、宅地建物取引士にはなれません、宅地建物取引士の試験合格者のみの位置づけで商売はできません。

そこで、試験に合格後、「資格登録」→「取引士証の交付」が必要となります。

登録申請時までに実務経験が2年以上必要ですが、すぐに取引士になれる方法として、(財)不動産流通近代化センターが実施する「実務講習」を受けて登録要件を満たすことができます。

 

————————————————————————————————–

仕事にも生活にも活かせる 宅建資格

—————————————————————————————————-

宅建の知識を身につけることで、未然にトラブルを防ぐことができます。格安物件だから、と何も知らずに契約すると法律の規制があり、思うように建物が建てられなかったり、などというトラブルが予想されます。家を借たり、購入した方は、「宅建士証」を提示され、説明を受けた上で契約したかと思います。

宅建士は、不動産に関する判断材料を提供し、重要事項説明書および契約書に記名、押印することが主な業務となります。
試験内容から、司法書士、マンション管理士など他の資格へのステップアップともなる資格です。社会復帰をめざす主婦に人気があり、地域に密着した不動産会社などに就職を考えている方にオススメの資格です。

不動産業界への就職や転職に有利なほか、金融機関などにも有利なようです。
事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くように法律で定められているので、不動産業界では必須資格。試験形式が4つの選択肢の中から1つの正解肢を選ぶ 「四肢択一」形式のため、比較的受験しやすいと思います。試験に受験資格はなく、年1回10月頃に行われ、合格率は15%前後。

取引士制度

————————————————————————————-

宅建士 社会復帰をめざす主婦

———————————————————————————————–

 

宅建士 の資格をとり宅建の知識を身につけることで、未然にトラブルを防ぐことができます。格安物件だから、と何も知らずに契約すると法律の規制があり、思うように建物が建てられなかったり、などというトラブルが予想されます。

家を借たり、購入した方は、「宅地建物取引士証」を提示され、説明を受けた上で契約したかと思います。宅建士は、不動産に関する判断材料を提供し、重要事項説明書および契約書に記名、押印することが主な業務となります。

仕事にも生活にも活かせる資格 宅建試験内容から、司法書士、マンション管理士など他の資格へのステップアップともなる資格です。社会復帰をめざす主婦に人気があり、地域に密着した不動産会社などに就職を考えている方にオススメの資格です。

 

ここが出るリストダウンロード