媒介契約とは。

お客様が不動産の売買について、宅地建物取引業者と媒介契約を結ぶ場合には三つの種類があります。

一つは、一般媒介契約です。

もう一つは専任媒介契約、そして専属専任媒介契約の三つになります。

1.2.3と行けば行くほどお互いの義務が増えるという契約になりますます。

 

1.一般媒介契約は、依頼したお客様は他の業者に重ねて依頼することができます。

また、自分自身で発見して取引するということを認められます。

有効期限は法的には決まっていませんが標準は3ヶ月です。それから、指定流通機構への登録義務は業者にありません。

業務処理状況の報告義務というのも業者にはありません。

 

2.専任媒介契約は、専任ということですので、他の業者に重ねて依頼することはできなくなります。ただし、自分で発見する自己発見取引は認められます。

有効期限は3ヶ月。

業者は媒介契約締結日から7日以内に物件を登録する義務があります。

また、業者は2週間に1回以上を依頼者に報告義務する報告する義務がある。

 

3.専属専任媒介契約について、お客様は他の業者に重ねて依頼できませんし、自分で発見する自己発見取引も認められません。

有効期限は3ヶ月。

業者は媒介契約締結日から5日以内に物件を登録する義務があります。そして、一週間に1回以上を依頼者に報告するという義務が生じます。

媒介契約は、宅地建物取引業者がお客様とこの契約を交わした場合には媒介契約書の交付が必要になります。

この媒介契約書の中身ですが、物件を特定するために必要な表示の物理的な位置であるとか、大きさ、その他。

物件の予定価格、媒介契約の累計、どの契約なのかということです。

媒介契約についてどの契約なのか。

媒介契約の有効期限や解除に関する項目。

指定流通機構への登録に関する事項。

報酬に関する事項などが定められた、媒介契約書を交付する必要があります

媒介契約・代理契約とは媒介契約・代理契約とは、宅建業者が、宅地・建物の売却希望者・購入希望者などから、契約の相手方を探すことなどの依頼を受けた際に締結する契約です。
宅建業法は、媒介契約と代理契約について、ほぼ同じ内容の規制をしています(媒介と代理とで異なる規制がれているものとしては報酬限度額の制限が挙げられる)。
なお、媒介契約・代理契約の規制は、宅地・建物の売買・交換の媒介・代理に適用され、貸借の媒介・代理に適用されません。

 

 

ここが出るリストダウンロード