建築基準法の道路制限・用途制限についての説明

建築基準法 の用途制限の道路制限ついてお話しします。
まず道路制限ですけど、建物の敷地というものは、幅員4m以上の道路に2m以上接しないといけない。
という接道義務が存在します。ただし、日本の道路は、必ずしも4mということはない。幅員4m以内の道路を42条、2項、道路と言います。接する建物の敷地には、敷地を道路から後退させる、セットバックというものが必要となってきます。

例えば、3mの道路があったとします。この道路の中心線から2mずつ行くと、4m相当の広さになります。
そうすると、敷地に対して50㎝部分だけ交代させなければいけないと言うことになります。交代させた所には、何も立ててはいけないということになっています。
これをセットバックと呼んでいます。

次に用途制限ですけども、建築基準法には、用途地域で建築できる建築物とできない建物が具体的に定められています。
用途地域というのは、都市計画法で具体的に、この地域は第一低層住宅区域だとか、準工業地域だとか定められています。さらに。その中に、それぞれにおいても立てることができる建築物。建てることができない建築物というものが存在します。例えば、パチンコ屋、風俗店などは、商業系でもどの部分でなければいけないかというような形で具体的に建築できるものが定められています。

This entry was posted in 法令上の制限. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA