平成22年度宅建合格ライン セミナーでの独自の発表がありました


平成22年度宅建合格ライン が35点ないし、36点ということなので 本当非常にショックです。
皆様の判断からすると 34点という点は、絶望あきらめたほうがいいでしょうか?
宅建合格ラインとは、どのような要素を含めて決定しているのでしょうか?

昨年は、宅建合格ラインが33点になったいうことですが、、、、
自分の甘さや情けなさ重々承知です。 試験の場に飲まれました。
また 1年後の試験まで頑張らないという気持ちもあり
後悔してもしょうがないですが・平成22年度宅建合格ライン

今年の宅建試験の問題は、今までよりも、最も合格点が高くなるそうです。
得点数が上がるのは、問題が簡単であったのかもしれません、昨年の合格、ラインは、13点だったんですが、いきなり、これでは、厳しいですね。

宅建一発、合格なんていう人は、決して簡単な問題じゃないと思いますよ。
行政書士みたいに最初から合格点が決まっていればイライラしないんですが、宅建はやっぱりイライラします。

どうも今年の宅建は35点合格という神話が崩れそうです。35点合格という神話通りならば私は合格するんですけども、どうも微妙な段階に入ってまいりました。 誰がこんな35点という神話を作ったのか ?
私としては侵害でなりません>

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建合格ライン. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA