宅建セミナーを受けた 宅建試験合格者の感想


宅建試験合格者の声
宅建学習を行うべき順にカリキュラムが組まれているので、自分で予定を立てる必要がない。
宅建セミナーのカリキュラムに沿って頑張っていれば、自然と力がついているというスケジューリングでいたりつくせりである。

セミナーはほかのセミナーと宅建試験合格者を一人でも多く出そうと競争しています。
それでとても丁寧な講義をしますし、説明が具体的で、また身近なことに関連付けたものを多く出して内容が頭に残りやすいよう努力しています。

又、講師によっては、常に本試験を意識して話してくれるので、本番でもいつも通り臨め利点があります。重要なポイント、そうでないポイントが良く分かる構成になっていて、勉強の指針が立てやすくなっています。

また、セミナーを選択するうえでは極めて信頼性が高く、合格率の高いところがいいですね。エッセンスが凝縮された教材であるため他の教材は全く不要になっているのが普通です。追加で教材を購入しなければならないようでは、高い授業料を支払った意味がありません。

毎回の講義前に実施する「ミニテスト」や、科目ごとに実施する「基礎答練」や「まとめ講義」があるのもセミナーの特徴です。これかなり、お得感があります。ミニテストはそもそもセミナーの戦線が、今までのテストの内容から頭をひねりまくって作成していますから、難問が多いのです。

宅建試験に不合格になり、新しく参加する受験生には、以前に習ったことを覚えたまま学習していなかった内容を学習することができます。これは、初めてセミナーに参加される人よりもかなり先に進めます。
セミナーでは、本試験形式の模擬テストを何回も実地してくれます。
そこへセミナーに参加されていないライバルも参加してきますから、緊張度アップです。
そこで力をつけることができます。

基礎知識をつけるためのテキストは、要点がまとめられていてとても分かりやすくなっています。

初学者でもセミナーのテキストだけで充分です。過去問題集も10年分の問題があり、これを繰り返し解くことで確実に力をつけることができます。

講義は講師のテンションが高くて聞きやすく、頭にどんどん入ってきます。

講義中に講師がはしきりに「絶対に合格!何が何でも合格証!」と連呼されていて、自分が合格した時の姿を何回も連想しました。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建試験合格者の声. Bookmark the permalink.

Comments are closed.