登録免許税

1.登録免許税とは

登録免許税は、権利の登記を行う場合に課せられる税金です。
表示の登記には必要ありません。

例えば、Aの土地をBに売った場合、所有権移転登記をしますが、
この所有権移転登記の登録免許税の納税義務者は、A,Bが共同して登記申請するものですから、
登録免許税も連帯して納める必要があります。

2.課税標準

課税標準は、固定資産課税台帳の記載されている登録価額(評価額)です。
但し、評価額が1,000円未満の場合は、課税標準は1,000円となります。
(税額も1,000円未満の場合は、1,000円になります。)

3.税率,税額

登録免許税の税額は、課税標準×税率=税額で求めます。

税率については、登記の種類によって、変わってきますが、、軽減税率の要件を覚えることです。

①所有権の保存登記の軽減税率

〇本則(本来の税率)・・・4/1000

〇以下の要件を満たせば・・・・1.5/1000
・床面積が50㎡以上あること
・個人の居住用であること
・新築又は取得後1年以内の登記であること

②所有権の移転登記の軽減税率

〇本則・・・20/1000

〇以下の要件を満たせば・・・・3/1000

売買又は競落による登記であること
床面積が50㎡以上あるこ
個人の居住用であること
新築又は取得後1年以内の登記であること
中古の住宅の場合、木造は築20年以内、耐火,準耐火建築物は築25年以内、
(新耐震基準を満たす建築物は、築年数は問わない)であること

③抵当権や質権設定登記の軽減税率(建物のみ)

〇本則・・・4/1000

〇以下の要件を満たせば・・・・1/1000

貸し付けを受け、貸し付け債権を担保するためにその建物の設定登記を受けること
床面積が50㎡以上あること
個人の居住用であること
新築又は取得後1年以内の登記であるこ
中古の住宅の場合、木造は築20年以内、耐火,準耐火建築物は築25年以内、
(新耐震基準を満たす建築物は、築年数は問わない)であること

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 税金・その他 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.