宅建資格 は仕事にも生活にも活かせる

宅建資格 は知識を身につけることで、未然にトラブルを防ぐことができます。格安物件だから、と何も知らずに契約すると法律の規制があり、思うように建物が建てられなかったり、などというトラブルが予想されます。家を借たり、購入した方は、「宅建士証」を提示され、説明を受けた上で契約したかと思います。
宅建資格

宅建資格を持つ宅建士は、不動産に関する判断材料を提供し、重要事項説明書および契約書に記名、押印することが主な業務となります。
宅建資格試験の内容から、司法書士、マンション管理士など他の資格へのステップアップともなる資格です。社会復帰をめざす主婦に人気があり、地域に密着した不動産会社などに就職を考えている方にオススメの資格です。

不動産業界への就職や転職に有利なほか、金融機関などにも有利なようです。
事務所に5人に1人の割合で有資格者を置くように法律で定められているので、不動産業界では必須資格。試験形式が4つの選択肢の中から1つの正解肢を選ぶ 「四肢択一」形式のため、比較的受験しやすいと思います。試験に受験資格はなく、年1回10月頃に行われ、合格率は15%前後。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 資格を取る目的. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA