宅建テキストなど勉強をする前に用意するものの注意点

この項目は、初めて宅建の勉強に挑戦される方の内容になっています。

宅建テキスト ・・・あちこちの書店へ自分で足を運び実際に見て選択しましょう。

(1) DVD教材

法律を初めて学ぶあなたにとって法律用語はから学ばなければなりません特に民法は間違えて覚えてしまうと、修正がなかなか効かなくなります。
たとえば、「消滅、時効」とか「時効の中断」など出てきた、場合わからないのは、当然です。学校へ行けば、その都度細かく説明してもらえますが、独学となると、そういうわけにはいきませんそこで、宅建講座無料 のYouTubeも、いいんですが、総合的にもれなく解説してあるものいいと思います。

※効率的な学習を進めるには、「Web動画」と「DVD」の2種類があるLECの教材があります。


(2) 宅建 テキスト

1冊にまとめてある 宅建テキスト は情報不足です。必ず2冊以上のカラー表示の少ないもの選びましょう。必ず本屋さんへ足を運びいろいろなテキストを見て内容も十分で、重点項目が目次に表記してあるものを選んでください。

ポイント1

目次がこのように重要項目が表示されていること。   

目次
1 制限能力
2 抵当権
3 相続…
4 賃借権・借地借家法…
5 借地権…

 

 

 

 

 

 

ポイント2 テキストの最終ペーシに 索引用語があること。

 

索引用語  
案内所等
意思表示
請負
営業保証金

 

 

 

 

 

 

注・絶対に中古テキストは購入しないでくださいね。

宅建テキスト

権利関係
【新品】【本】出る順宅建士合格テキスト 2018年版1 権利関係 東京リーガルマインドLEC総合研究所宅建士試験部/編著

宅建業法
【新品】【本】出る順宅建士ウォーク問過去問題集 2018年版2 宅建業法 東京リーガルマインドLEC総合研究所宅建士試験部/編著

法令上の制限
出る順宅建士合格テキスト(2018年版 3) 法令上の制限・税・その他 (出る順宅建士シリーズ) [ 東京リーガルマインドLEC総合研究所宅建 ]

税金・その他
2018年版出る順宅建士 合格テキスト 3 法令上の制限・税・その他【電子書籍】[ 東京リーガルマインド LEC総合研究所 ]

 

テキストには追加項目をどんどん記入していきます。
宅建学習はいろいろなテキストについ手をだしてしまいがちですが、
「あれも」「これも」手をつけると不安だけが付きまとうだけです。
テキストは最初選んだものでいいのです。


 

(3) 過去問題集

注・絶対に中古は購入しないでくださいね。

建過去問題集 10年分 できれば15年分・・・1冊
インターネットでいくらでも取れますからそれを使用することもできます。

独学は、過去問題中心の勉強になりますので、この選択によって、あなたの勉強の効率化が左右されます。
これを選ぶコツは、解説が大事です。詳しく説明してあるものを選んでください。【送料無料】 パーフェクト宅建 過去問10年間 2018年版 / 住宅新報社 【本】

宅建過去問題を選ぶ時の注意点。

解答のの解説内容が重要です。あまり短い解説のものや、(XX条)など抜けているものは避けてください。

良い例

(問題)

に所有権移転登記を済ませ,に代金を完済した後,詐欺による有効な取消しがなされたときには,登記の抹消と代金の返還は同時履行の関係になる。」

解答

取消の意思表示がされると、いったん有効に成立した契約は契約締結時点に遡って初めから無効であったものとして扱われ、当事者双方には、履行されたものがあれば、その返還義務が生じます。(121条)

判例によれば、第三者の詐欺を理由に取り消された場合、当事者双方の返還義務は同時履行の関係にあるとされています。(533条の類推適用、最高裁・昭和47.9.7)

上記の解答は 何条の条文であるのか。
判例も挙げて説明してあること。
後でわかりますが、民法はほとんど判例から出題されるからです。


(4) 口語民法 1冊

注・絶対に中古は購入しないでくださいね。

口語民法は、民法の勉強をするうえでなくてはならないものです。

初めて、民法の勉強するにあたり条文の意味が分からなければ意味がありません。

—————————

上記の121条は、下記のような内容で大変わかりやすく解説してあります。

121条(取り消すとどういう結果になるか)
取り消された行為は、初めから無効であったものとして扱う。
しかし、無制限能力者が取り消した行為によって現に利益を得てる場合には、その利益の限度で相手方に返せば足りる。(123条、703条、704条)

 


 

内容例

1 土地・建物・建築設備
2 土地建物についての権利関係
3 土地建物についての法令上の制限
4 建物に関する税
5 土地建物の需給と取引実務
(1)宅地建物の需給
(2)取引実務6
6 土地建物の鑑定評価
7 宅地建物取引業法
(1)宅地建物取引業法
(2)積立式宅地建物販売業業法

 

 

This entry was posted in 準備項目 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.