手付額の制限 (8種制限)



手付の交付は当事者間に定めがない場合は“解約手付”と推定(判例)されますが、契約を締結した証拠としての“証約手付”、債務不履行の場合の“違約手付”などの「別段の定め」があればその定めに従います。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建業法 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.