宅建合格ラインの予想方法

宅建合格ラインの予想方法
宅建合格ラインるものの予想が予想どうり飛び交ってますね。
宅建受験後は宅建試験合格発表日までじっと、我慢しているほうが無駄な労力しなくてすみますからいいですよ。。。
そう言われても、この一年間宅建勉強に明け暮れ、人が遊んでいるときも、机に向かってモクモクと頑張り続けてきたあなたにとっては、いてもたってもいられないと思います。

そこで、私が20年前に受講していたセミナーの先生から聞いた話ですが、宅建合ラインなるものがどのようにして各セミナーから発表されているか聞きましたので参考にしてください。

現在は果たして宅建合格ラインをこのようにやっているかは自信持てません。あしからず。。。。
セミナーの教師は生徒に教える項目、たとえば宅建とか行政書士とか教える場合は、

毎年本試験を受講されるそうです。

毎年本試験を受けているとだいたいの感で何点とはじき出すことができるそうです。

宅建の場合、教師が5名いたならば、5名が受験して 5名で相談してそのセミナーとしての合格ラインを決定するそうです。ですからなかなかよく当たるなあと感心していました。
各セミナーの宅建合格ラインの予想がブレているのもこのような理由かなと思いました。
—-桜—–

宅建合格ラインの予想方法
—————————————————————————-
宅建試験の合格ラインとはなに?

宅建試験の過酷なところは受験者数20万人のうち17万人前後は確実に不合格になるのです。

高い得点者から13%前後で切り落とされるのです。

宅建試験合格ラインで合否の分かれ道になり、1点差で泣く人がいます。

極端にいいますと3万人前後が平均点36点17万人が35点以下だったとします。

宅建試験の合格ラインを15パーセントできられると、35点取った人は不合格になってしまいます。

確実な合格点ははじき出せません、その年の受験結果できまりますから毎年変勤します。

合格ラインに惑わされず上位3万人以内に入ることを目標にしたほうがはるかに合格へ近づくのではないでしょうか。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建合格ライン and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.