宅建試験は「宅地建物取引員」という名称で始まる

 宅建試験 
—————————————————————————————————————————

宅地建物取引士試験は昭和33年から始まりました

—————————————————————————————————————————
昭和39年までは「宅地建物取引員」という名称で試験が始まりました。この年の受験者数は36000人で合格率93%と高い合格率でした。

試験問題数はなんと30問で、権利の変動(9~12問)、法令制限(6~9問)、宅建業法(4~6問)、税法その他(5~8問)といったところです。
この時代は、宅建業法の出題は比率的には高くなかったのが特徴です。
当初は、法令集が持ち込んで試験を受けることができましたので今とは考えないくらいハードルが低かったようです。
—————————————————————————————————————————
「宅地建物取引主任者」となったのが昭和40年からです。
—————————————————————————————————————————
この時代には問題数が40問になりました。
このころから受験者数は10万人をこえ合格率も30%を切りました。宅建試験
受験料は500円ですが当時としては決して安くはないのです。
試験内容は、権利の変動(9~14問)、法令制限(9~11問)、宅建業法(8~13問)、税法その他(5~14問)といったところです。

この時代の試験問題の大きな変化は、税法その他の比率が下がっていることです。
昭和42年では14問ありましたが、昭和55年では6問になってしまいました。気になる合格基準は24点前後の水準で推移していました。

———————————————————————————————————-
宅建問題が50問になったのは昭和56年からです。

—————————————————————————————————————————
この時期になりますと宅建合格率はついに20パーセントを切り合格率は16パーセント前後で推移していました。受講料は5000円と上昇してきました。

宅建試験受験者数は10万人から後半は20万人に届くところに来ました。
宅建試験構成は権利の変動(15問)、法令制限(10~13問)、宅建業法(15~17問)、税法その他(7~9問)となっています。

宅建試験合格発表は「不動産適正取引推進機構」のHPで、平成14年,15年で様変わりしました。
合格発表は、各都道府県での掲示は3日間でしたが,平成14年から、宅建合格基準点・合格者の受験番号を、平成15年から、宅建問題の正解番号を公表するようになりました。

—————————————————————————————————————————
平成14年からは情報公開の制度が変わり、宅建試験合格点が発表されるようになりました。
—————————————————————————————————————————

これにより宅建試験合格ラインの推測があらゆるところでなされることになりました。

5問免除制度は平成9年から開始されました。
平成9年度より、財団法人・不動産流通近代化センターの実施する「指定講習※」の修了者を対象に、5問免除される制度が始まりました。

—————————————————————————————————————————
平成27年4月1日より、「宅地建物取引士」に名称が変わりました。

—————————————————————————————————————————
「宅地建物取引主任者」が国家資格の「士」の仲間入りとなり「宅地建物取引士」に名称が変わりた。

今後試験の難関度に影響してきそうな予感がします。

——————————————————–

宅建試験合格への道

宅建の知識は生活の上で以外に役に立ちます。賃貸契約したときに、知識が役に立ち未然にトラブルを防ぐことができます。
身近な問題として、安価な賃貸物件に誘われ何も知らずに契約して、相手が何も言わなかったので、不審に思いお隣さんに問いただしたら、「この部屋で死亡者があった」 「すぐにも出たい」 、などということが現実の話として聞いたことがあります。
こんな場合「契約解除」できるのかどうか問題が発生します。家を借たり、購入する場合は、「宅建士」から説明を受けた上で納得して契約したかと思います。

宅建士試験は、最近は形式的なものではなく「実際にこうなったらどうする」という現実的な問いが多くみられますから、勉強すれば役に立つと思います。

宅建士の仕事は、「重要事項説明書および契約書に記名、押印」することが主な業務となります。つまりこの仕事は『宅建士」しかできません。不動産を取り扱う会社にはなくてはならないものです。いなければ「営業できない」となると、こんな会社に就職するのであれば当然取得しておいた方がいいと思います。

資格をとる他の目的として、司法書士やマンション管理士など他の資格へのステップアップのために資格を取得する人もいます。


宅建試験 (日程・場所・時間) ————————————————————————————————————-

  • 宅建試験の受験資格

————————————————————————————————————-
年齢、性別、学歴等の制約はありません。
誰でも受験できます。
※合格後、資格登録に当たっては、一定の条件(宅建業法第18条)があります。
————————————————————————————————————-

  • 受験手数料

————————————————————————————————————-
7,000円
※いったん払い込まれた受験手数料は、申込みが受付されなかった場合を除き、返還しません。
※受験手数料は、消費税及び地方消費税は非課税です。
————————————————————————————————————-

  • 試験日

————————————————————————————————————-
毎年1回、10月の第3日曜日に、次の時間で実施します。
・午後1時~午後3時(2時間)
※ただし、登録講習修了者は、午後1時10分~午後3時(1時間50分)
————————————————————————————————————-

  • 試験地

————————————————————————————————————-
原則として、現在お住まいの試験地(都道府県)での受験となります。

50問・四肢択一式による筆記試験です。

※ 宅 建 5 点 免除 登録 講習は者は45問です。
————————————————————————————————————-

  • 合格発表

————————————————————————————————————-
原則として、12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日に、都道府県ごとに発表します。

詳しくは不動産適正取引推進機構のホームペーシで確認してください。

 

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建勉強 はじめに. Bookmark the permalink.

Comments are closed.