平成25年度(2013)の宅建試験合格ライン を算出しました

平成25年度(2013)の宅建試験合格ライン

毎年この時期になりますと、宅建試験合格ラインが気になって、毎日がそわそわというところではないでしょうか?

宅建試験合格ラインの決め方は上位高得点者から順に下がっていき、15~16パーセントのあたりで合格者が3万人超になるよう計算します。

つまり、高得点者が多くなると宅建試験合格ラインが上がり高得点者が少ないと合格ラインが下がります。

今年は優しかった?宅建合格ライン
難しかったで大体35点を基準に、プラス1マイナス1と考えるのが妥当の合格算出方法だと確信しています。
ことしの試験がむつかしければ32点33点あたり
優しければ34点あたり・・・・どう? 楽になりましたか・・・・

—————————————————————–
宅建試験の受験生の皆様大変おつかれさまでした。
今年の宅建試験はいかがでしたか。
宅建試験は、ポイントを押さえていれば合格できる試験です。
合格発表が楽しみですね。

本年も、各社のデータを集めて宅建合格ラインを予想してみました。
まず、今年の問題ですが、問16、問18などは、必ず正解しなければいけない問題です。これを落とすと、ライバルにかなり差をつけられ合格が厳しくない厳しくなります。

10月20日時点では34点ぐらいになっています。
10月31日の予定予想では33点ぐらいになっています。

ということで、やはり32点あたりが宅建試験合格ラインになってくるのではないでしょうか。
宅建合格ラインが1問でも下がり合格されることをお祈りいたします。

—————————————————————

・権利関係
昨年度は、予想どおり過去問題から出題されている問題がかなり多くありました。
戸惑うものもありましたけど、ひっかけとか昔はいいましたけど全体的に基本問題ということは、ここでたくさん落とすようなことになると宅建合格は遠くなる感じです。
・法令上の制限
「あれ?これ簡単?」と思いました。
基本問題だけに驚きましたね。
ただし、基本ができていないと宅建試験の合格ラインは難しいと思われた方もいるかも。

・宅建業法
今年は宅建業法の問題は、かなり細かく学習していないと若干難しくなるのでは?
しかしながら、これも基本をしっかりと学習していればかなりとれる科目です。
17~19取れれば理想ですが。
今年、出題の傾向は数年前から実務的な内容が中心になってきました。試験取っても現場で役に立たなければ意味がないのです。
宅建合格ラインはは平成23年度宅建試験より若干上がっているように感じます。
受験者のレベルが昨年同様であれば、宅建試験の合格ラインは35点前後というところでしょうか。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建合格ライン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.