消滅時効

消滅時効とは,ある権利がないという事実状態が一定期間継続した場合に,その事実状態どおり,法律上も権利がなくなってしまうという制度です。
例えば, 借金の例で考えてみます。 債務者の方がずっと借金をまったく返さないでいると,消滅時効によってその貸金債権がなくなってしまうのです。 要するに,借金を返さなくてよくなるということです。
この消滅時効が成立するためには,基本的に3つの要件が必要となります。

① 権利を行使することができる時がきたこと
② その時から一定の時効期間が経過したこと
③ 消滅時効を援用したこと

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 権利関係 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.