宅建試験 問題解答で自己採点1点に泣く合格したかった、切り替えが難しい状況です。

宅建合格者の声
宅建試験 を採点しましたが、30点でした。宅建試験の問題を落ち着いて解いていれば、不得意な分野をもっと勉強していれば、こんな失敗はしなかった。

正直気持ちの切り替えが難しい状況です。果たして来年、絶対に合格できるかどうか心配です。

独学で一発合格すると言う大きな目標を立てていたのですが、こんな結果にしまいました。こうなったら、来年も独学で頑張りたいと思います。独学でやってる方にお聞きしたいんですが、どのような方法で勉強されていますか。

私の宅建試験の勉強方法を教えします。私は、テキストあまり見ません。宅建の過去問題を中心に約10年分の過去問題を集中的に制覇します。電車に乗っている時などは、暗記項目を集中的に語呂合わせで行っています。最も集中するのは、土日などの時間空いた時間です。一日中図書館にいます。この時は、過去問題を徹底的に略しています。おかげで合格することができました。

—————————————

宅建の資格を持っている方と知り合い、色々アドバイスを頂きました。かなりリアルに水色や赤色の色鉛筆を使って、写真も貼りましたよ。ずっと独学でした。私は2回落ちて今年ようやく合格しました。

個人的な意見ですが速読を身に付ける事がとても役立つと思います。応援しています。宅建業法をほぼ30分、全体を1時間半で仕上げるというリズムを作りました。市販の模試をやる時は必ず宅建業法から解いて、宅建業法が終わった時点で時計を見る。

私は自分で手作りの宅建士証を作り毎日眺めていました。自分が取引士になって仕事をしているイメトレが一番大事だと言っていました。初めは『買わなきゃ良かった』と思うくらい訳がわからない感じですが、会社の行き帰り車の中で聞いていて徐々に4倍速でも聞き取れるようになり、試験中も問題を読む時間をかなり短縮出来ました。そしてイメトレしました。

 

宅建試験

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建試験合格者の声 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.