宅建予想問題は必要でしょうか?


宅建勉強法で「予想問題集」を必死に説いていませんか?
実際は、このようなものはやっても意味がないと思います。
本屋さんやセミナーで「予想問題集」をよく見かけますが、こんなものをやるよりは過去問題を何回も勉強するほうが合格点に近づけると思いますよ。

しかし、ここで注意ですよ、つまり、本試験では過去問と「同じ問題」は出ませんから「ええっこんな知らない」 「うわっ、なにこれ・・」とアタフタするのが目に見えています。
そこで・過去のデータから出題傾向が見えてきます。私の場合は15年分解答しました。
「同じ項目」が数年ごとに出題されているのがわかります。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建勉強法. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA