宅建合格ライン 平成30年 (2018 ) 宅建試験の難易度 がしりたいのですが!!


平成30年度の 宅建合格ラインが気になるところですが。
過去のデーターを分析見る限り34点前後が濃厚化と思われます。
高得点が出た翌年は、難易度が高くなっているケースから予想ができるわけです。

そこで27年度の宅建試験の分析をしてみてください。
民法の、占有、遺留分などは難易度がたかかったですよね。
同時履行などの基本問題がありました。又、例年の重要項目から、通謀虚偽表示、賃貸借と使用貸借の比較、取得時効、転貸借、借地借家法、区分所有法、動産登記法などが出題されました。

宅建業法は、基本問題でありながら、時間を消化させる問題形式になっています。
新住宅市街地開発法や消費生活用製品安全法などは初出題で戸惑うことがあったかと思います。

基本問題でありながら37条書面の問題などは、かなり難しく感じられたかもしれません。
問題の作成者はいかに受験者を迷わすか苦労された形跡が見られます
また、「宅建業者が自ら買主」など、法令どうりの書き出しがない例も挙げられます。

法令上の制限では、宅建の重要項目である「都市計画法」「国土利用計画法」が出題されましたね。ここは全問正解しておかなければなりませんでした。宅建試験の難易度

税金関係は、贈与税が改正されたところがポイントでした。法律が改正された場合は、必ず押さえておくのは基本中の基本ですから、わからないということ自体が勉強の方法が間違っています。
地価公示法からの出題も基本問題でした。

以上から、宅建試験では、基本勉強だけで29点、30点は得点できる試験ですが、
合格するためには5点が必要になってきます。ちょっと考えてみてください。
あと、20問近くある中に、基本問題がまだありますから、これが正解できるかで合否の分かれ道になるのではないでしょうか。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建難易度. Bookmark the permalink.

Comments are closed.