宅建試験の難易度 はどのようなものなのですか??

宅地建物取引士資格試験

受験者数 役20万人 合格者数 約3マン人人 合格率 15%前後

宅建は簡単な資格??

やはり誰でも取れる簡単な資格なのですか??

宅建の資格の難易度は、どのようなものなのですか?
初めて宅建試験に望まれる方の一番多い質問ですが、

この試験は、税理士や公認会計士、司法書士はもちろんのこと、行政書士と比較したら、宅建は明らかに「簡単な部類の国家試験」と言ってよいでしょう。

しかし、宅建の試験に合格するためには、平均学習時間は300時間前後と言われています。確かに、「たいていの人は合格できる」と言えます。

宅建の書き込みを見ると、「あんな簡単な資格は3ヶ月で取れる」「片手まで受けて本命は社会保険労務士の資格をとります」なんていう人もいて、とても簡単であると言うのが目立ちます。

宅建試験はなめてかかってはいけません。毎年、70割前後の受験者が不合格になるのですからね。数にしたら20万人の受験生のうち17万人くらいが確実に不合格になります。35点以下が17万人とれば35点では不合格になるということです。宅建試験の難易度

初心者の方が勘違いされるのは35得点で合格と誤った解釈することです。

法律の初心者が1週間や2週間の勉強で簡単に合格できる、などという安易なレベルではもちろんありません。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建難易度. Bookmark the permalink.

Comments are closed.