2018宅建試験の難易度が知りたいのですが?

2018宅建試験の難易度 を教えてください。
という質問が多くございます。
ズバリ申し上げましょう、毎回10人のうち、8人の受験生確実に不合格になる試験です。
皆さんが勘違いされているのは、「簡単に合格できる試験」と思われていることです。

例えば、宅建士の試験は、毎年17万人から20万人の受験生がいます。
そのうち3万人前後の受験生が合格しています。
つまり、国家試験の中では、16から17パーセントの合格率ということになります。
ですから、宅建試験は超難関ではない部類に属します。
では、いったい何点とったら合格すると言いますと、今のところ、32点から35点の間と言えるでしょう。
物の本では「35点取れば合格」何てよく書いてあります。
これは、毎年の基準であって、ある年には、32点になったり36点になったりします。

目標35点とすると自己暗示にかかり35点取るのが厳しくなります。
なぜかと言いますと、15点は捨てても、いいと言う消極的な考え方になってしまうからです。
誰でもテストを受ける場合、100点を目指しますよね。ですから、宅建試験も50点満点
を目指さなければ意味がありません。

「どうしたら合格への近道になりますか?」という質問がよく見られます。

これは、簡単なことです。
独学では大変難しいということです。宅建試験の難易度が高くなります。
教育機関を利用して学ぶ人の方が当然合格率は高くなります。豊富な情報と先生の熱意
で合格へ導いていただけます。
事実、私も教育機関に通いました。独学では、無駄なことばかり勉強し効率が上がりません。教育機関によっては、各社、合格者数を上げるためにかなり努力されております。受験生には大変ありがたいことです。全国平均では、だいたい16%くらいの合格ですが、60%くらいの効を出している教育機関もあります。これは自分で調べてみてください。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建難易度 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA