権利関係の重要ポイント 宅建 勉強法

権利関係で特に注意しなければならないのは、毎年かならす10~12題も出題されている民法です。極端に言えば、宅建業法と民法が分からないと、この試験には合格できないといえるほど重要なのです。

以下で4つの法律について解説しましょう。次に借地借家法からは2題、不動産登記法からは1~2題、区分所有法は1題出題される年とされない年とがあるようです。

内容は、主に民法、借地借家法、区分所有法、不動産登記法の4つに分かれます。

権利及び権利の変動といわれる科目で、宅建業法と並んで例年16問も出題されている重要な科目です。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建試験攻略法. Bookmark the permalink.

Comments are closed.