宅建勉強法 を宅建試験合格者の方にお聞きしました


宅建勉強法 が知りたいのですが?

 


今年から宅建試験を目指そうとしている初心者の方に少しでもお役に立てれ場と思います。

 

—————————————————————————————————————————————-
独学で宅建学習し挑戦された方はどんな試験であったかはすでにおわかりかと思います。おしくも宅建試験に不合格となった方はあらたに独学で再挑戦しょうと真剣に考えられているのではないでしょうか。一度今までの学習方法でどこが不足していたのか見直してみる必要があるのではないでしょうか。

初心者の方の自分に適した宅建学習方法は、合格された方の独学の体験談を参考にするのが一番の近道かもしれません。参考書の選び方や、独学勉強法など幅広い意見がありますので、必ずやその中で合った学習方法を見つけることが出ると思います。

初心者がまず学習するにあたり、いかに試験日までモチベーションを持ち続けることができるかが合否にかかわってくるのではないでしょうか。はりきって今から暗記だなんて時間を費やしても試験当日まで記憶しているのは困難なことです。まず最初に テキストをゆっくりと通読してみましょう。ここで全体の構成をつかみます。

テキストは法令ごとにまとめてありますから。宅建業法は業法。民法は民法とそれぞれをひとつのパーツとして捉えて学習していきます。試験はこのように幅広い法律のパーツごとに出題されます。

———————————————————————————————————————-

 初心者が独学で宅建試験に合格するにはどう勉強したらいいでしょうか?

2.宅建試験攻略法

——————————————————————————————————————————————

独学で過去問や予想問題に取組む時は、本試験の2時間を充分に意識し、どこから始めようときっちり見直しまでできるようにして下さい。

合格点の前後はその1点にはものすごい人数がひしめいていますから、椅子取りゲームのような宅建の試験に合格するには独学はハードルが高いかもしれません。しかし、あなたは充分な読解力はあるはずですから、しっかり読んで解答し、誤りをきちんとテキストで確認すれば受かる可能性は充分あります。

独学は、ちゃんと基礎ができていればまったく問題ありませんが、そこで大切なのがテキストの選出方法です。初心者の方が独学のテキストを選ぶときは、書店で見てご本人が見やすい・使いやすいとお感じになったものを選べば良いと思います。内容はどれも大差がないのですが、初心者のかたが独学するにはテキストの「目次」が大切です。4項目がさらに重要項目ごとに明記されているものを選んでください。

例えば、権利関係で「錯誤」に関する内容を知りたいときに、表示されていなければ探す時間だけでもロスとなってしまいます。また、独学をしていると、学費がかかりつい古いテキストへ手が出てしまいます。これは自分から不合格になってもいいと納得しているようなものです。

法令が改正になるとすぐ試験に出題される傾向になっているからです。その年に発行されているテキストであれば必ず改正法令が明記してありますが、古い本には自分ですべて改正項目を追記する必要があるからです。おそらく初心者の方はこのようなことはしないからです。

次に、初心者の方が独学で注意することは、過去問題集をある程度の回数こなして過去問題集の正解肢だけを記憶してしまうことです。独学では過去問題の誤り肢をそりれ以上に追及し、なぜ誤っているのが明快に理解して応用問題に対抗できる学力を身に着けることです。

独学は「疑問点」をいかに解消するかが問題になってきます。かならず何頭のパイプを作っておかなければいけません。学校に通っていれば講師に即答で解答を得ることができますが。それ以外ですと友人ということになりますが、正確な解答を得られるかというのが問題です。

しかし、今は通信教育で講師とスカイプで質問できますから使う手はありません。

 

 

——————————————————–

宅建士試験に合格するための 過去問攻略

宅建士試験に合格するためには、なぜ過去問を何回繰り返せば、いいでしょうか。
まず、ここで考えてみましょう。受験生の方は、学習時間に限りがあると思います。
例えば、通勤用の電車の中や喫茶店、公園のベンチなんかでテキストをさらっと読むくらいではないでしょうか。

 

辛くても過去問題を繰り返して、勉強しなければならない理由があります。過去問題は試験の情報が全て入っているからです。
宅建士試験は、毎年50問が出題され34問前後が正解となっています。
過去10年間の本試験の合格ラインは、およそ32問から36問が正解となっています。なぜ、このような狭いラインで推移しているのでしょうか。

これは、出題者が合格ラインを35点に設定しているとか変えられます。例えば、平成20年、21年の合格ラインは33点でした。
すると、平成22年、23年は36点になっています。試験委員はこのように難しいかった年の翌年は、試験内容を甘くする傾向があります。
今後もこのような傾向がありますので、翌年の試験の難易度が予測できます。
試験委員は、過去問題と同じ問題は出しませんが、同じ趣旨、同じような問題を出題しています。

出題される問題に対して蓄積したデータあり、この条文に対して正解率がパーセントだったなどを基本にして、問題を作成していると考えられます。このように、予測の上で試験委員は合格ラインを調整しているのではないかと思います。ということを予想しますと、宅建士試験は同じような問題が出されますので、過去問を攻略することが合格への近道となります。

さて、そこでどのように勉強していいかわからないという場合には、重点項目のみ学習していきましょう。

過去問を分析してみますと、1000条以上ある民法は、意思表示・代理・不動産の対抗、要件・抵当権・売主の担保責任・不法行為・借地借家法などが集中的に出題されています。しっかり学習していきましょう。

宅建業法で行きますと、免許の区分申請・基準・免許の区分・申請基準・宅地建物取引士制度・宅地建物取引士証・営業金保証金制度・広告に関する規制・媒介契約に関する規制・重要事項の説明・書面の交付・事務所等以外の場所において買受けの申込みの撤回等・損害賠償額の予定等の制限・手付金等の保報酬に関する規制・証明書の携帯と帳簿の備付・標識の掲示案内所等の届出・保証協会・監督処分。

これらの項目から必ず出題されています。これらの項目は毎年出題されています。参考書を1ページ、1ページ読むのではなく、これらの項目を重点的にマスターしてしまうのが合格への近道です。

—————————————————————–

宅建試験出題傾向

宅建試験攻略法として要点をしっかり押さえることが大切です。

民法で毎年出題される可能性大の項目を抽出しました。

宅建試験攻略法

意志表示

(心裡留保)
心裡留保の意思表示の効力
1 原則
2 例外
3 第三者との関係における効力
民法93条の適用範囲
〔考察:民法93条ただし書の類推適用

(虚偽表示)
虚偽表示の効力
1 当事者間の効力
2 善意の第三者の保護
〔解説:94条2項と権利外観法理〕
94条2項によって保護される第三者
1 民法94条2項の「第三者」の範囲
2 民法94条2項の「善意」の意味
〔参考:善意の時期〕
3 第三者が保護されるには登記が必要か
〔考察:善意の第三者と譲受人との関係〕

(錯誤)
1  表示上の錯誤
2  内容の錯誤
3  動機の錯誤

(詐欺又は強迫)

1 第三者対抗要件
2 取り消しによる第三者への影響

 

————————————————————————————————–

 

—————————————————————————————
試験合格のための アドバイス Aさん
—————————————————————————————

宅建独学で 合格めざして余裕をもって試験勉強を進めている人は、必ず目標をもっている人です。

宅建勉強で失敗することは、ただ闇雲に歩きまわって体力を消耗して疲れきってしまうことです。試験では「だいたいこんな意味だろう」という曖昧な知識は役に立ちません。試験合格者の多くは、ムダのない効率的な勉強をしていました。

私の宅建合格するための勉強方法は、まずサラッと全体を見通し、どこが大切かを読みとっ勉強の作戦計画をたてます、それに従い今度はポイントのみを丁寧にマスターしていきました。もし間違った方向に行きかけたら直ちに修正します。学習項目を非常に細かく具体的な所に目を配って、要点を正確に理解し記憶していく時間は細目にとります。

このバランスのとれない人は、完全に要点がずれて混乱してしまうのです。いま自分がどこを学習しているのか、これからどの方向に行けば合格できるのか、さっぱり見当がつかなくなってしまいます。

近年のように、これまで以上に正確さが要求されるようになると、一項目ごと細かく注意を払って、条文まで正確に脳に刻みつけていくような丁寧さが合格への近道です。

 

——————————————————————————————-
試験のための アドバイス2
——————————————————————————————–

今年から宅建合格を目指そうとしている方に少しでもお役に立てればと思います。

実際に勉強を開始「 やるぞ!」と意欲いっぱい。がむしゃらに勉強するのは結構ですが、学習範囲が広いだけに、 試験問題集など最初はどこを重点に 勉強していいかわかりません。

さして重要でない箇所にエネルギーを浪費しては、いくら勉強してもカラ回りになります。通信講座を比較などをして自分にマッチしたものを探し勉強するのも宅建合格への近道ですね。目標達成度チェック表などを作ると有効です。そのとき、だれの手も借りずに、自分ひとりで絶対やりとげるのだ、という強い意志が学習法では偉大な力になります。

この視点に立つと、第一に、いま自分がしている勉強方法が正しいという自信がもてます。自分でつくった計画を、今日は忙しかった、今日は疲れた、今日は気が進まない……と、いろんな理由をつけて勉強をキャンセルしてしまう人がよくありますが、こんな人の結果をみていると、やはり宅建合格できず泣きをみる確率が高いのです。

——————————————————————————————-
宅建勉強法 アドバイス3
——————————————————————————————–

平穏無事で、何の緊張感もない勉強は、モチベーションを奪ってしまいます。集中学習というのは、確実に一項目ごと記憶していくことです。その結果、無用な不安や焦りにとらわれることがなく、余裕をもって学習を進めていくことが宅建合格への近道です。

宅建合格のための勉強を進めるには多少の困難を自分に課し、それを乗り越えたとき、あなたの能力はダンと伸び、また大きく自信もついていくのです。また、途中で自分の勉強の達成度を確かめながらやらないと、やはりムダにエネルギーを消耗するだけでなく、不安もきざして意欲に差し支えてきます。

その際の心強い同行者になるのが、勉強のチェックリストなのです。必ず合格するための目標を表示しておきましょう。そこで、過去問でわからないところを、テキストでカバーする方法で勉強すればたちどころに自分の現在位置がわかり、これからどの方向に行けば合格に近づくのか一目でわかります。

 

宅建のポイント アドバイス4
———————————————————————————————-

宅建試験までポイントがつかめなくてどうして良いのか分からなかったのですが基本書を一通り読む、過去問を完璧に理解する、予想問題をほぼ完璧に理解する模試を受けてみる、でなんとか合格できました。ユーチューブ宅建講座を見てかなり役に立ちました。

参考書を読む、問題を解く、解答の解説を理解するっていう流れでは耳を使わないので耳を使う作業は新鮮で苦痛が少なく、受け入れやすかったのかなと思います。ユーチューブ講座の内容が全く分からない場合は、何回も受講したらいいかと思います。

今になって思えば、ユーチューブ講座のっていうのは記憶にあまり残らなかったと思います。

 

———————————————————————————————-

 

宅建試験で失敗しないための 宅建勉強法

宅建試験合格者のアドバイスです。宅建試験勉強を試験日まで続けるためには、絶対に挫折してはいけません。
宅建過去問題を解きテキストで確認する繰り返しを毎日継続していくには、集中して一日数時間単位で学習できる場所を作ることが大切です。

テレビを見ながら宅建試験勉強することは極力避けるためには、図書館が一番の最適場所です。さあ、場所が確保できました、テキストは急いで先へも進む必要はありません。確実に理解できるまで徹底的に追及してください。
宅建試験勉強で多くの失敗は、詰めの甘さから応用がまったくきかないことです。ガンガン応用問題をこなしてくださいね。

長時間かけて宅建試験勉強するものいいのですが、電車などで短時間学習を積み重ねることがいかに大切か合格者は語ります。
この時間の積み重ねは長時間宅建勉強するよりも効率がいい面もあります。
次に、大失敗するのは300時間なんて、設定して結局中身のない勉強をしてしまうことです。そもそも、宅建勉強を何時間なんて設定すること自体がナンセンスなのです。

10月の試験日までに、やるべきことを時間なんか無視してやればいいわけで、それを考えると、何時間やったなんて知る必要もないし無駄なことなのです。
宅建業法を何日までに完璧に覚えると計画することが効率的に学習するポイントになります。いよいよ、あと3ケ月と試験日が近づいてくると、あせりがでて不安がつきまとうことになります。

しかし、この時期はもっぱら過去問題を徹底的に宅建試験勉強し、模擬試験挑戦とあせっている暇がなくなるくらいになっていないと勉強がかなり遅れていると判断してください。ただその場の思いつきで同じ学習をやっていては合格が逃げていきます。

 

———————————————————–

宅建難易度

 

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建勉強法 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.