意思表示 取消しができる場合


取消しとは、ある行為についてそのなされた過程に問題があることを理由としてそれを遡及的に無効とする旨の意思表示をいう。やや不正確ではあるが、日常用語で表現すると、ある行為を特定人の意思表示によって、行為の時にさかのぼってなかったことにするとの意味である。取消しをすることができる権利(形成権)を取消権、取消権を有する者を取消権者と呼ぶ。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 権利関係 and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.