平成25年度(2013)宅建試験問題について


権利関係
昨年度は、予想どおり過去問題から出題されている問題がかなり多くありました。
戸惑うものもありましたけど、ひっかけとか昔はいいましたけど全体的に基本問題ということは、ここでたくさん落とすようなことになると宅建合格は遠くなる感じです。
・法令上の制限
「あれ?これ簡単?」と思いました。
基本問題だけに驚きましたね。
ただし、基本ができていないと宅建試験の合格ラインは難しいと思われた方もいるかも。

・宅建業法
今年は宅建業法の問題は、かなり細かく学習していないと若干難しくなるのでは?
しかしながら、これも基本をしっかりと学習していればかなりとれる科目です。
17~19取れれば理想ですが。
今年、出題の傾向は数年前から実務的な内容が中心になってきました。試験取っても現場で役に立たなければ意味がないのです。
宅建合格ラインはは平成23年度宅建試験より若干上がっているように感じます。
受験者のレベルが昨年同様であれば、宅建試験の合格ラインは35点前後というところでしょうか。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建合格ライン and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.