平成29年度 宅建試験の難易度は

平成29年度の問題は、昨年度よりも難しく感じました。しかしながら、過去に何度も、出題されているような問題があり、内容は同じなのに難しく感じるのはこの試験の特徴です。
択一試験は、優しい内容の選択肢が解答きれば合格できる試験です。

・宅建業法宅建業法

宅建業法宅建業法の問題は、個数問題が多く惑わされますが、1肢1肢、正確に解いていけば難しい問題ではありません。日頃の学習成果がためされます。

・権利関係

権利関係は、昨年と同じようなレベルでした。昨年まで1問あった個数問題がなくなり全問正解、又は、誤っているものを解答させる問題でした。

・法令上の制限

法令上の制限、これは、毎年出題される傾向と同じでした。
今回と特徴は、法令上の制限の勉強改正点が多く出題されることです。
改正点を学習することは基本ですが、過去にさかのぼって学習しておかないと太刀打ちできません。

・税・そのた
税法は、国税で1問、地方税で1問出題されました。
国税は所得税法から、地方税からは固定資産税が出題されました。
固定資産税の問題からは、固定資産課税台帳に関する問題が多く出題されます。
過去問をしっかり学習していれば解けた問題です。

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建難易度. Bookmark the permalink.

Comments are closed.