平成24年度(2012) 宅建合格ライン予想 と攻略法を聞きました

宅建合格ライン予想

平成24年度、宅建試験の予想をしてみました。権利関係では、毎年で出題されるところが特定されています。しかしながら、範囲が広いために予想がつきません。

 

そこで、このホームページでは、毎年出題されるところがピックアップしました。

おそらく平成24年度も、制限能力は、出題されるでしょう。後は、代理関係、不動産登記など、毎年され大出題されるものを押さえておきましょう。

代理関係、売買解除、危険負担、この辺りも、十分押さえておきましょう。

借地借家法、区分所有法は、毎年必ず出ると思ってポイントを押さえておきましょう。

次に宅建業法ですが、これも、出題されるところがほとんど決まっておりますので、絶対に取りこぼしをしないようにしましょう。特に媒介契約、重要事項の説明、37条書面、営業保証金、手付金、8種制限、この辺りは特に要注意です。

瑕疵担保責任案内書、保証協会。このあたりは確実に出題されると思います。

法令上の制限ですが、今年は、特に例年と同じように建築基準法、都市計画法、宅地造成規制法、土地区画整理法、農地法このあたりは定番ですので、しっかり押さえておきましょう。昨年出題されなかったところは要注意です。

税金関係ですが、毎年出るところが決まっています。所得税と不動産所得税を中心に今年は押さえておきましょう。

私は個人的に宅建合格ラインは 35点からもしかすると34点 くらいになるのでは、と思いますね。
そして最終的に出た宅建合格ラインは、幅を持たせて 35±1点 ということになります。

昨年は、試験後に、周りでは結構簡単だった、という声も多数聞かれました。
しかし私も昨年受験しましたが、正直言って数年比較して難しくなったとは思えません。

確かに前年度から比較的得点しやすい宅建業法が増問になる関係で試験全体の難易度が下がり、宅建試験の合格ラインがあがると予想されましが2012年の試験は2011年より 優しい問題が微増、基本問題は多少減、難問が増、よって全体の本試験問題の相対的難易度は昨年度より難かしい、と判断。

上記の事情を差し引くなど考慮し、結果的には昨年の宅建合格ライン(35点)とさほど変わらないだろう、という結論ですね。

————————————————————
お疲れ様です!お疲れ様です!

ずばり!!!!!!!

予想の精度が上がってくるのは??宅建試験の合格ラインは?という質問が多いのですが・・・

宅建試験の合格ライン35点以上はあり得るんですか?

だいたいの学校が35点前後と言っていますよ。

去年は35点の予想で36点でしたから。

今年は難しかったみたいなので33点か34点かな~って思いますよ。

過去に宅建試験の合格ライン36点の年の翌年は35点になった年もあるので、もう少し点が下がるかもしれませんで12月1日の発表まで正式な合格点はわかりませんが。。

ご心配なのは誰でもですよ。。。

 

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建合格ライン and tagged . Bookmark the permalink.

Comments are closed.