営業保証金 ー宅建勉強-1

保証金について説明していきましょう

それでは営業保証金とはどんなものなんでしょう。

宅建業者と取引おしたお客様がいたとします。

その悪い宅建業者が悪いことをしてお客様に損をさせてしまった場合。損をさせられてしまった被害者が宅建業者に損した分お金を払えということがあります。

宅建業者にお金がなければ実際にお金をもらうことはできません。

そんなかわいそうな被害者、損をしたお客さんに供託所から少しでもお金を出して救済してあげようというのが保証金の制度です。

では、営業保証金はどのように規制されているかというと。宅建業者が宅建業を始めようとする場合には、万が一お客様に損をさせてしまった場合、あらかじめお金を供託所に供託しておいてくれというルールになります。そこで、免許を受けて宅建業者になりましたと、すぐにはスタートできず、まず供託をしてください。

すぐに宅建業法を開始するかというと違いですね。供託の届けを出して初めて「宅建業の業務を開始していいですよ」。

ということになります。ここは毎年のように出題されています。免許、供託、届け出、スタートという順番になります。この順番が入れ替わってしまうと誤りです。この順番通りにやっていかないとか宅建業違反になります。

では、支店を増設した場合、事務所を新設した場合です。どこどこに支店を増やしたいという場合、基本的には営業保証金の場合は先ほどの場合とよく似ています。

もうすでに宅建業を始めている不動産屋がいるとします。今度の支店を一店増やすという場合には、その一支店一店に当たり、500万円追加で供託します。そして、一支店500万円供託したという。届けを出します。そうすると供託された支店は、業務を開始することができます。

    次へ

 

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建業法. Bookmark the permalink.

Comments are closed.