宅地建物の割賦販売契約の解除等の制限 (8種制限)

宅地建物の割賦販売契約の解除等の制限

割賦販売契約とは何でしょう。この中で出てくる賦払金の支払いとは 分割金の支払いと同じなんですよね
宅地建物取引業者が自ら売主となる 割賦販売契約については、宅地建物取引業者でない買い主からの割賦販売の支払いですね。

割賦販売をしていると途中で、相手が支払いができなくなってしまうことがありますよね 。

宅地建物の割賦販売契約の解除等の制限

このような場合には、30日以上の相当の期間を定めて支払いを書面で催告します。

その期間内にその義務が履行されない。
相手が支払いをしてない時 。

そのような場合でないと、支払いの 遅延を理由として契約の解除、または、支払時期の到来していない 賦払い金の支払いを請求ができないということですよね 。
ここが宅建試験の重要ポイントです

—————————————————————————————————-

割賦販売において、買主が割賦金(分割のお金)の支払がない場合、30日以上の期間を定めて書面で催告し、その間に履行されなければ、契約解除や残代金の一括請求できません。
上記に反する特約は無効となります。

つまり、1回でも支払いが遅れたら、直ちに残代金を一括で請求することができるというような特約をつけた場合、無効になるということです。
宅建業法は、宅建業者が一般購入者に宅地・建物を自ら割賦販売した場合について、一般購入者の債務不履行を理由とする解除に制限を設けています。                      宅建勉強法

宅建士試験 これであと10点 攻略術

This entry was posted in 宅建業法 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.