宅建試験はこれで合格!! 頑張って勉強しましょう。

------------------------------------------------

宅建試験攻略法 これで宅建試験に合格しましよう!!

宅建 勉強法 は、今後の学習方法と、試験問題解答に役立ちます。

宅建 勉強法 です、これだけ押さえましょう!!

従来の宅建試験の合格率は15%。
宅建試験の受験者数は、20万人前後あります。
例えば、受験者数20万人であれば、3万人の合格者になります。という難関資格になっています。
従来の宅建試験は合格する試験でした。
「宅建試験なんて独学で簡単に受かる試験なんですね。」
そのように見られていました。
今の形式は難しいです。

年々書店で売っているテキストや問題集は、クオリティや質が上がりました。
また、大手スクールや通信教材などのクオリティも上がってきました。
今の宅建試験は、それなりに高得点を取って行かなければ合格点に届かない。
そういう資格試験になっています。
ある程度、一生懸命勉強しても、あと1、2点、3点足りずになかなか合格できないという方も多い試験です。
そこで、宅建試験はまず難しい試験だと言うということを知っておきましょう。
皆さんが、宅建試験の勉強をするのに目的がありますか?
趣味で始めたのか。
あるいは、国家資格を取るために勉強を始めたのか。
どちらかというのが大事になってきます。当然趣味ではなく国家資格を取るために学んでいるのではないでしょうか。

勉強を始めるにあたり、ほとんどの宅建受験生は、テキストや問題集を1ページ目から順々に開いて行って読んで行きます。
順番にやらなきゃ気が済まないということです。書籍というものは、どうしても順番通りに書かなくてはいけないという制約があったりします。
「1ページ目から読むことで本当に合格するんですか ?」
宅建試験で合格点を取るための宅建試験攻略法とは?

宅建試験

・試験でよく出るところ。
・試験で得点を取りやすい。
そういうテーマから学んで行けばいいはずです。
このところをしっかり意識して学習を進めましょう。

皆さんの学習は、合格のための学習でなくてはなりません。では、合格のための学習を進めるためには、どのようなところに気をつけて行けば、良いでしょうか。
宅建試験の問題は、
権利関係、法令上の制限、税、宅建業法、統計などの5問。
一定の報酬をしたものには免除される、5問免除というテーマがあります。
このテーマの中から宅建試験の問題が出題されます。
合格するために必ず学んで行かなければならないテーマ。
合格のためには、後回しにしてもいい。
場合によっては、「本試験までに間に合わなかったら勉強できなくてもしょうがない。」というテーマが存在します。


宅建試験攻略法のための理解と整理とは。
———————————————————————————
「もうあと一週間後に試験ですけども」と、なってしまいますとなかなか理解ができないですよね。
そこで、勉強する時期に応じて段階を分けたらいいです。

大手スクール

これは、大手スクールのカリキュラムがほとんどそうなっています。
だいたい8月の中旬(お盆)くらいまでに、宅建試験で覚えるべきものを全て学習します。
そのお盆ぐらいまでの学習時期までにしっかりと理解をし、しっかりと重要ポイントを整理する。
ここでの大事なポイントは何かと申しますと、覚えないということです。
どうしても、勉強の苦手な方は考えるのが億劫だから覚える方に意識が行きやすいんです。
これが失敗。
あえて覚えない代わりにちゃんと理解整理しましょう。
ここに重きを置いてください。

・お盆休みぐらいまでに理解・整理できたこと
・お盆休み位から模擬試験を受験したりする。
・過去問題集を解きながら自分の弱点になっているところから重要テーマで自分の弱点になっているところからどんどん学習を進めていく。
これはまずいなと思ったら、しっかりとスクールの直前講座を利用したりして、このところを底上げしていくということになります。
では、ここをまとめます。

・お盆休みまでくらいは、理解する勉強を中心にする。
・重要ポイントをスッキリ整理する学習を中心に
・覚える学習は、お盆休み明けくらいから。
・模試や問題集を解きながら弱点テーマを優先的に押さえていく。

これだけで宅建試験合格への近道になるはずです。
———————————————————————————
それでは、教材の使い方について申し上げます。
———————————————————————————
テキスト、参考書、それから問題集、多くの受験生の方はこれを用意すると思います。
今インターネットで見ますと、過去問題は無料で提供されています。
私の意見としては、紙の教材を使った方がいいと思います。
デジタル情報というのは、記憶に残りにくく人間の集中力記憶力はちょっと下がるらしいんですね。
その関係で、同じ学習するのであれば、紙の書籍などを用意して学習された方が良いではないかと思います。

特に、過去問題その時にちょっと注意しておいてください。

テキスト、参考書を読んで理解します。
1章とか1項とか、一つのテーマを勉強したら、そのテーマの対応する4択問題とか一問一答の問題を解くのがいいと思います。

1回読んで1回問題を解いて終わって、次のテーマへ進んのではなくて、もう1回同じテーマを繰り返すということが大事です。

・テキストを読んで問題を解く。
・テキストを読んで問題を解く。

この繰り返しの作業がとても重要になってきます。

最初は解けなくてもいいです。最初はテキスト・参考書を開きながら問題を解いてみてください。
とにかく理解することを大切にして、整理することを大切にして繰り返し、繰り返し学習してください。
なぜ繰り返しが大事だと言うと、人間は一度見たり聞いたりしたことを基本的には、たった1日で74%は忘れると言う有名なお話があります。
「エビングハウスの忘却曲線」と言われるものです。
1回読んだだけでは、どんどん抜けていってしまいますね。
「私覚えることが苦手なんだけど」という方ご安心ください。
これ普通です。
1回見たもの忘れるのが普通です。
それでは「どうしたらいいか」と言いますと、
それを前提に、「繰り返さないと忘れるから繰り返すんですね。」一日たって忘れたらまた繰り返します。
また忘れたら、それを1日後とか1週間後とかに、何回も何回も繰り返してだんだん定着させていく。
この繰り返しの作業が4回・5回と、感覚的に4・5回以上になってきますと、脳が「重要な情報」というように認識してくれますから忘れにくくなる。
という脳のメカニズムがあります。繰り返すことが大事ということになります。

ここでアドバイスなんですけども、
「分かってないことを繰り返すなんて楽しいですか? 」
きついですよね。

分かってないで繰り返すのは、我慢大会の罰ゲームなんですよ。
だから、最初に理解し整理してちゃんと分かっておくことが大事です。

分かっていることは、それだけでも忘れにくくなるのです。
勉強していて楽しんで、具体的な場面や身近な場面などを思い浮かべ、ちゃんと理解した上で繰り返しを行っていただければと思います。
———————————————————————————
理解・整理するためのおすすめの教材は、ないんですかということですね。
———————————————————————————
ちゃんと繰り返したくなるような良いものがないと、やる気がなくなっちゃいますよね。

・「YouTubeの宅建みやぎ塾」がいいと思います。ぜひ上手に活用してください。
みんなで進めるまちづくりの話(国土交通省)

 

最後に、宅建試験は難関です。
本気でやれば必ず合格できる試験です。
本気で合格のための学習ができれば必ず合格できる試験です。
一緒に頑張ってことしの宅建試験に合格しましょう。

 

 

【宅建士試験出題科目のポイントと出題数】

宅建試験の分野別出題数と得点目標、難易度と学習の重要ポイント

宅建試験は50問で四肢択一式による筆記試験です。
※注・宅 建 の5点 免除 登録 講習は45問になっています。

—————————————————————————————————————————          ・《宅建業法:20問出題》1~14

—————————————————————————————————————————
宅建業法とは、不動産取引における弱者である買主や借主の保護を目的に定められた民法の特別法で、強者である不動産業者に適用される法律です。

 

———————————————————————————
・宅建試験の攻略のテーマ宅建業法になります。
———————————————————————————

宅建試験の重要ポイントは過去問題にほぼ網羅されています。
ただし、過去問題集をやみくもにやっても、ごちゃごちゃの知識でバラバラに頭に中に入ってきてしまいます。それではなかなか覚えられません。
まずは、わかりやすいテキスト参考書でしっかりと、どういうテーマの話なのか理解をしてください。
そして、理解をしたら、過去問題に繰り返して出題されている重要ポイントを表とか図を用いて整理してください。宅建業法

その上で、図表を見ながら過去問題集を解くようにすると学習効果がぐっと上がります。
———————————————————————————
重要なポイントをまとめます。
———————————————————————————
法令・税・宅建業法ですけども、今の宅建試験で勝負分野になってくるこの三つ。
いきなり丸暗記しては駄目です。
どうしたらいいかと申しますと、まずしっかりと理解をすること。
理解した上で重要ポイントを図とか表で整理をすること。
そして、整理できたことをしっかりと問題集を使って問題を解きながら理解を深めていく。このプロセスがとても大事になってきます。

 

—————————————————————————————————————————     ・《権利関係:14問》15~22


民法は、借地借家法 、建物区分所有法、不動産登記法 など出題範囲は広い

宅建試験はここ数年、民法・借地借家法・区分所有法・不動産登記法という権利分野の問題が難しくなってきました。これは、しっかりと、過去問題分析をすれば分かります。ただ過去問題を5年分り10年分やるだけでそれと全く同じ問題が出ると言うとほとんど出なくなってきています。
ですから、過去問題中心の学習を進めるというのが多いと思います。はっきり言ってしまえば、宅建試験の権利関係に関しては、過去問題は行ってもあまり意味がないということになります。権利関係

使い方を誤って、丸暗記一本勝負で望まれるかたは過去問題集はほとんど役に立ちません。
ただ、過去問題を素材に、売る人買う人の立場に立って「こう考えればこういう結論が導かれるではないか。」とか、賃貸借借地であれば、土地建物を借りる立場にになって考えれば「こうなるんじゃないか」というように考えるような、トレーニング素材として過去問題を使っていけば効果があります。

では、権利関係ズバリ大事な点を申し上げます。
権利関係で必ず学習しておかなければならないのは、代理・相続・賃貸借・借地借家法。ここは、ほぼ確実に出題されてくるテーマです。後は、「事前準備しておけば一点は取れる」そういうテーマになります。

おすすめのテーマに毎年、必ず出る抵当権・区分所有法・不動産登記あります。
実際の本試験では、得点しにくい幅広いところから出題されています。
それは、優先的に少し下げて良いかと思います。
他のテーマは、出たり出なかったりするわけですから、それは、学習できる時間の相談ということになります。

 

代理・相続・借地借家は、ほぼ100%出題されます。これは、得点の取りやすいテーマですから優先して学習進めましょう。
宅建試験は、どこで合格点を稼いで行けばいいのでしょうか。
法令上の制限・都市計画法や建築基準法・農地法・宅地造成等規制法・土地区画整理法・諸方例。など、いろんな分野から出てくる法令制限、これが今の宅建試験の最も重要なテーマになります。
実際にデータを分析していきますと、法令上の制限で高得点を取っていられる方は合格しやすいです。
しかし、多くの受験生は、法令上の制限を身勝手としてしまいます。
なぜか それは、難しい用語がいっぱい出てきます。しかも、多くの市販の書籍では具体的にどのような場面の話なのか分かりやすく説明されていません。
だから、よく分からずに過去問題集を繰り返して、わけがわからないのに覚えるまで、我慢大会の過去問の使い方をしてしまうということです。
よって、法令上の制限が苦手になってしまう方がいます。
しかし、今の法令上の制限はしっかりと理解して、わかれば簡単に点が取れるものばかりです。


・《法律上の制限:8問》23~25

—————————————————————————————————————————
都市計画法 建築基準法 国土利用計画法 農地法 土地区画整理法 宅地造成等規制法・諸法令 主に「暗記」や「語呂合わせ」を中心に学習するといいでしょう。

宅建勉強で受験勉強が嫌になってしまう。つまずきがいくつもあると思いますが、特に法令上の制限、都市計画法や建築基準法、数字いっぱい出てくるし覚えきれないですよということになります。
まず覚えるということに意識がいってしまっていることが誤りです。
都市計画法や建築基準法はどこの国のルールですか?
日本ですよね。つまり、生きた素材が身の回りにたくさんあるですからわかりやすいはずです。

法令上の制限

宅建の書籍はいろいろありまして、漫画の本もあります。 いろんな出版社からも、5種類以上そろっていますので手にとってみてください。しかし、マンガ本をいくら読んで合格できると言う話ではありません。
あくまでも、理解を支えるイメージを作ってちゃんとわかるための補助教材としてとしてご留意いただければなと思います。

—————————————————————————————————————————
《税金・その他の法令:8問》46~50


国税は、所得税、印紙税、登録免許税等です。  地方税は、不動産取得税と固定資産税です。•不動産の鑑定評価 • 地価公示法 税・その他は出ても3~4問でます。


税金
———————————————————————————
これは、近年の宅建試験の重要度が高まっているように認識しています。
税は、今の試験では捨ててはいけません。しっかりと基本を理解して、何のために用意された税なのか、その税の制度の仕組みを理解すれば、過去問題を合わせて解くことでほぼ確実に点が取れます。
ぜひ得点源としておいていただきたい。

———————————————————————————

税金

あと 5問免除 という分野があります。
———————————————————————————
5問免除という分野は、登録講習と言う講習を修了すると、「5問分受けなくていいよ」と言う部分です。
一般の受験される方は50問試験。
宅建業で仕事をしていて、5問免除講習を修了した方は45問受験ということになります。

一般受験、50問受験をされる方にとって最も重要なのは統計です。
実は、この統計は宅建試験の最も解きやすいテーマです。
何とか白書、何とか白書、と言って、毎年ここが出ますよ。

出るところは決まっいて、数字はちょっとでも変わったら 「×」
なんとか白書に書かれている数字であれば 「〇」
ということになるわけですから準備しやすいわけです。
しっかりとデータ分析、過去問題分析をして、「今年はここが出ますよ」
という適切な資料を学習の素材としていただければ10分で1点取れます。
ここは「優れた情報を持つ者が勝つ」情報戦となっています。

Comments are closed.