合格 桜 50で絶対にとるぞ 宅建合格!本レポートは、宅建試験に合格するための学習を、通常の学習方法よりも効率よくすることにより「出題傾向の分析」「通常の宅建テキストを30パーセント圧縮」できる。

この方法を使えば、自分で 出題予測ができるため、いろいろな情報に振り回されなく自信をもって宅建試験に挑戦できるという画期的なレポートです。

平成20年度の合格ラインは33点といったところです。宅建試験は通常の学習方法では合格はかなり厳しくなっています。

通常販売されているテキストはかなりペーシ数が増加していますね。文字が小さくしていろいろな追記があるもの、さらには分冊化してもっと学習内容を増加させてある

ものなど、宅建の学習する人にとっては見ただけでやる気をなくしてしまいます。

しかし、この膨大なテキストを1年以内または試験の日までに全部覚えるのは無理が生じてきます。

しかし、6ヶ月程度の学習期間でこの膨大な出題範囲のテキストを学習するのが実情ではないでしょうか。

この 「合格 桜 50」は、これだけやれば50点を目標に企画してあります。

毎年、「合格ラインは何点だ」と騒がれていますが、本 レポートは合格ラインを50点とし、「50点をとる」ための学習方法を企画しました。

なぜか?従来からの捨てる試験方法を否定し、拾う試験方法という意味です。合格ライン33点という目標をたてて学習しますと、どうしても「17問は落としてもいい」という考えが生まれてしまい、高得点は望めないからです。

高得点を取るには効率よく、宅建試験に出題される項目を学習していくことです。

——————————————————————-

平成20年 宅建学習日記 記載

10年も前のレポートですが、今の宅建試験で学ぶべきことは同じですが、なぜ難しく感じるのでしょうか?


この学習方法をさらに進化させたのが {宅建士試験これであと10点攻略術」です。

ここが出るリストダウンロード