宅建試験の合格点について

宅建試験の合格ラインでいろいろご質問とあります。
その中で少し疑問に思うことがあります。
質問の回答の中で試験が難しくなると基準点が上がる。
試験が優しくなると基準点が下がると回答を出されている方がいます。

そもそも、基準点が上がるということは、試験の内容が優しいため高得点者が多く出ます。
合格者は高得点者から上位15パーセントで切られますから、だいたい34.35点当たりになります。
基準点が下がるというのは、試験内容が難しいために高得点者が少なくなるということです。高得点者が少ないため、15%にするためには31.32点当たりになったりします。
受験生は20万人前後ですからこの方式が成り立つと思われます。
よって今年はむつかしいといわれるときは基準点が下がる傾向にあり、やさしいといわれれば基準点が上がるのです。
わたくしは実際平成2年の試験に受験しました。
バブル絶頂期です。受験者数342,111人 大変難易度が高くて自己採点25点でした。
合格点26点 約4400人が26点以上得点できたということです。

Posted in 宅建 試験アドバイス | 宅建試験の合格点について はコメントを受け付けていません。

宅建試験攻略法

独学で宅建学習し挑戦された方はどんな試験であったかはすでにおわかりかと思います。おしくも宅建試験に不合格となった方はあらたに独学で再挑戦しょうと真剣に考えられているのではないでしょうか。一度今までの学習方法でどこが不足していたのか見直してみる必要があるのではないでしょうか。

初心者の方の自分に適した宅建学習方法は、合格された方の独学の体験談を参考にするのが一番の近道かもしれません。参考書の選び方や、独学勉強法など幅広い意見がありますので、必ずやその中で合った学習方法を見つけることが出ると思います。

初心者がまず学習するにあたり、いかに試験日までモチベーションを持ち続けることができるかが合否にかかわってくるのではないでしょうか。はりきって今から暗記だなんて時間を費やしても試験当日まで記憶しているのは困難なことです。まず最初に テキストをゆっくりと通読してみましょう。ここで全体の構成をつかみます。

テキストは法令ごとにまとめてありますから。宅建業法は業法。民法は民法とそれぞれをひとつのパーツとして捉えて学習していきます。試験はこのように幅広い法律のパーツごとに出題されます。
宅建学習日記 より

Posted in 宅建試験攻略 | 宅建試験攻略法 はコメントを受け付けていません。

コメント

コメントをおまちしております

Posted in 宅建勉強 はじめに | Leave a comment