宅建試験はこれで合格!! 頑張って勉強しましょう。

宅建試験攻略法 これで宅建試験に合格しましよう!!

宅建 勉強法 は、今後の学習方法と、試験問題解答に役立ちます。

宅建 勉強法 です、これだけ押さえましょう!!

従来の宅建試験の合格率は15%。
宅建試験の受験者数は、20万人前後あります。
例えば、受験者数20万人であれば、3万人の合格者になります。という難関資格になっています。
従来の宅建試験は合格する試験でした。
「宅建試験なんて独学で簡単に受かる試験なんですね。」
そのように見られていました。
今の形式は難しいです。

年々書店で売っているテキストや問題集は、クオリティや質が上がりました。
また、大手スクールや通信教材などのクオリティも上がってきました。
今の宅建試験は、それなりに高得点を取って行かなければ合格点に届かない。
そういう資格試験になっています。
ある程度、一生懸命勉強しても、あと1、2点、3点足りずになかなか合格できないという方も多い試験です。
そこで、宅建試験はまず難しい試験だと言うということを知っておきましょう。
皆さんが、宅建試験の勉強をするのに目的がありますか?
趣味で始めたのか。
あるいは、国家資格を取るために勉強を始めたのか。
どちらかというのが大事になってきます。当然趣味ではなく国家資格を取るために学んでいるのではないでしょうか。

勉強を始めるにあたり、ほとんどの宅建受験生は、テキストや問題集を1ページ目から順々に開いて行って読んで行きます。
順番にやらなきゃ気が済まないということです。書籍というものは、どうしても順番通りに書かなくてはいけないという制約があったりします。
「1ページ目から読むことで本当に合格するんですか ?」
宅建試験で合格点を取るための宅建試験攻略法とは?

宅建試験

・試験でよく出るところ。
・試験で得点を取りやすい。
そういうテーマから学んで行けばいいはずです。
このところをしっかり意識して学習を進めましょう。

皆さんの学習は、合格のための学習でなくてはなりません。では、合格のための学習を進めるためには、どのようなところに気をつけて行けば、良いでしょうか。
宅建試験の問題は、
権利関係、法令上の制限、税、宅建業法、統計などの5問。
一定の報酬をしたものには免除される、5問免除というテーマがあります。
このテーマの中から宅建試験の問題が出題されます。
合格するために必ず学んで行かなければならないテーマ。
合格のためには、後回しにしてもいい。
場合によっては、「本試験までに間に合わなかったら勉強できなくてもしょうがない。」というテーマが存在します。


宅建試験攻略法のための理解と整理とは。
———————————————————————————
「もうあと一週間後に試験ですけども」と、なってしまいますとなかなか理解ができないですよね。
そこで、勉強する時期に応じて段階を分けたらいいです。

大手スクール

これは、大手スクールのカリキュラムがほとんどそうなっています。
だいたい8月の中旬(お盆)くらいまでに、宅建試験で覚えるべきものを全て学習します。
そのお盆ぐらいまでの学習時期までにしっかりと理解をし、しっかりと重要ポイントを整理する。
ここでの大事なポイントは何かと申しますと、覚えないということです。
どうしても、勉強の苦手な方は考えるのが億劫だから覚える方に意識が行きやすいんです。
これが失敗。
あえて覚えない代わりにちゃんと理解整理しましょう。
ここに重きを置いてください。

・お盆休みぐらいまでに理解・整理できたこと
・お盆休み位から模擬試験を受験したりする。
・過去問題集を解きながら自分の弱点になっているところから重要テーマで自分の弱点になっているところからどんどん学習を進めていく。
これはまずいなと思ったら、しっかりとスクールの直前講座を利用したりして、このところを底上げしていくということになります。
では、ここをまとめます。

・お盆休みまでくらいは、理解する勉強を中心にする。
・重要ポイントをスッキリ整理する学習を中心に
・覚える学習は、お盆休み明けくらいから。
・模試や問題集を解きながら弱点テーマを優先的に押さえていく。

これだけで宅建試験合格への近道になるはずです。
———————————————————————————
それでは、教材の使い方について申し上げます。
———————————————————————————
テキスト、参考書、それから問題集、多くの受験生の方はこれを用意すると思います。
今インターネットで見ますと、過去問題は無料で提供されています。
私の意見としては、紙の教材を使った方がいいと思います。
デジタル情報というのは、記憶に残りにくく人間の集中力記憶力はちょっと下がるらしいんですね。
その関係で、同じ学習するのであれば、紙の書籍などを用意して学習された方が良いではないかと思います。

特に、過去問題その時にちょっと注意しておいてください。

テキスト、参考書を読んで理解します。
1章とか1項とか、一つのテーマを勉強したら、そのテーマの対応する4択問題とか一問一答の問題を解くのがいいと思います。

1回読んで1回問題を解いて終わって、次のテーマへ進んのではなくて、もう1回同じテーマを繰り返すということが大事です。

・テキストを読んで問題を解く。
・テキストを読んで問題を解く。

この繰り返しの作業がとても重要になってきます。

最初は解けなくてもいいです。最初はテキスト・参考書を開きながら問題を解いてみてください。
とにかく理解することを大切にして、整理することを大切にして繰り返し、繰り返し学習してください。
なぜ繰り返しが大事だと言うと、人間は一度見たり聞いたりしたことを基本的には、たった1日で74%は忘れると言う有名なお話があります。
「エビングハウスの忘却曲線」と言われるものです。
1回読んだだけでは、どんどん抜けていってしまいますね。
「私覚えることが苦手なんだけど」という方ご安心ください。
これ普通です。
1回見たもの忘れるのが普通です。
それでは「どうしたらいいか」と言いますと、
それを前提に、「繰り返さないと忘れるから繰り返すんですね。」一日たって忘れたらまた繰り返します。
また忘れたら、それを1日後とか1週間後とかに、何回も何回も繰り返してだんだん定着させていく。
この繰り返しの作業が4回・5回と、感覚的に4・5回以上になってきますと、脳が「重要な情報」というように認識してくれますから忘れにくくなる。
という脳のメカニズムがあります。繰り返すことが大事ということになります。

ここでアドバイスなんですけども、
「分かってないことを繰り返すなんて楽しいですか? 」
きついですよね。

分かってないで繰り返すのは、我慢大会の罰ゲームなんですよ。
だから、最初に理解し整理してちゃんと分かっておくことが大事です。

分かっていることは、それだけでも忘れにくくなるのです。
勉強していて楽しんで、具体的な場面や身近な場面などを思い浮かべ、ちゃんと理解した上で繰り返しを行っていただければと思います。
———————————————————————————
理解・整理するためのおすすめの教材は、ないんですかということですね。
———————————————————————————
ちゃんと繰り返したくなるような良いものがないと、やる気がなくなっちゃいますよね。

・「YouTubeの宅建みやぎ塾」がいいと思います。ぜひ上手に活用してください。
みんなで進めるまちづくりの話(国土交通省)

 

最後に、宅建試験は難関です。
本気でやれば必ず合格できる試験です。
本気で合格のための学習ができれば必ず合格できる試験です。
一緒に頑張ってことしの宅建試験に合格しましょう。

Comments are closed.